50代パート面接の志望動機例文を調査!家から近い/長く勤めたいはOK?

生活
生活のあれこれ

50代になってパート面接をする際に、悩んでしまうのが志望動機ですよね。

サラサラッと書けたら苦労しませんが、他人の志望動機を見る機会もあまりないため

考え始めるとますます迷ってしまったりも。

そんなときに役立つ志望動機の例文を調査してみました!

自分としては本音であっても、企業側からすると失礼にあたる志望動機も中にはあります。

知らず知らずのうちに書いてしまっていたら怖いですよね…。

また「家から近い/長く勤めたい」を志望動機として書きたいと考える方は多いと思いますが、

それらをそのまま志望動機として書いても大丈夫なのかも調査してみました。

本記事のポイントをおさえた例文を見れば、あまり悩まずに志望動機が書けますよ!

 

今回は

  • 50代パート面接の志望動機例文は?
  • 失礼にあたる志望動機はどんなもの?
  • 面接の服装について
  • 「家から近い/長く勤めたい」は志望動機としてOK?

をご紹介します。

さっそく50代のパート面接が成功する志望動機の例文をみていきましょう!

50代パートの志望動機例文

50代のパート面接の志望動機として適切な例文をみてみましょう。

子育てや家庭も落ち着いたため、
昼の時間を有効活用したいと思いレジ担当へ応募しました。

週に4日ほど働くことができます。

以前はファミリーレストランで5年働いており、
居心地のよいお店になるよう常に笑顔を心がけていました。

人と接することが好きなので、持ち前のコミュニケーション能力を生かして
貴店でも笑顔でお客様と接したいと思っています。

こちらはスーパーに履歴書を出すことを想定した志望動機の例文です。

採用担当者の心に残りやすい志望動機の例文にはいくつかのポイントがあります。

 

  • 働きたい理由がしっかりと具体的に書かれていること
  • どれくらい勤務できるか数字で書くこと
  • 自分の強みをはっきりと書き、それを生かせる理由を具体的に書くこと
  • 転職先でも即戦力になり、活躍できるイメージを書くこと

 

働きたい理由が明確でないと、すぐにやめてしまうかもしれないという印象につながりかねません。

「子どもにお金がかかるから」「仕事内容に興味があるから」など

どんな理由でも具体的に書くことで、長く勤めてくれそうだという印象につなげることができますよ。

またどれくらいシフトに入れるか数字を具体的に明記することで、採用担当者のイメージがつきやすくなるでしょう。

自分の経験やスキルを簡潔に書き、企業側のメリットと結び付けることが大切です。

 

「家から近いから」

「収入を増やしたいから」

「勤務時間がちょうどいいから」

「休暇や早退の融通がききそうだから」

「すぐ覚えられそうな仕事内容だから」

これらの志望動機は本音であっても、そのまま伝えると失礼にあたります。

本音の志望動機と、企業側のニーズがうまくつながるような書き方でアピールすると採用率もアップするはずです。

 

面接は、採用担当者に通常業務を中断してわざわざ作ってもらった時間です。

失礼にならないよう、髪、くつ、カバンは清潔感を大切にし、

最低限の身だしなみを整えていきましょう。

私は今まで色々なパート経験がありますが、面接の際の服装には気を付けています。

とくに接客業では清潔感が重要です。

シミやしわのない服を選び、明るい印象になるように白やベージュなどの服を着ていきます。

見た目を整えることで印象アップを狙っていけるなら、そこも利用してしまうのが手ですよ。

どんな職種でも、きちんと感のあるジャケットがあると便利なのでおすすめです!

詳細は画像をクリック

 

家から近い/長く勤めたいはOK?

「家から近いから」「長く勤めたいから」確かにそれも立派な志望動機です。

しかしそれだけを前面に押し出してしまうと、

どうしても一方的で自分本位に聞こえてしまいがち。

家から近いことや長く勤めたいことをアピールポイントとするときは、

その背景をしっかり具体的に伝え、企業側にもメリットを感じてもらうのがポイントです。

差別化を狙うためにもしっかりアピールしていきましょう!

 

「家から近い」の例文

「家から近い」だけだと50代の志望動機としては、どうしても薄い内容になっています。

「家から近いところで働きたい」というあなたの目的と、

企業側のニーズをうまくつなげて志望動機に書くとメリットを感じてもらいやすいでしょう。

 

貴店は自宅から近いので通勤時間が短時間で済みます。
シフト調整のしやすさと、家庭との両立もしやすく長く働くことができると考え、
応募させていただきました。
採用担当者は、自宅と勤務先が近いことで急なシフト変更にも対応してもらえるかもしれないと考えられますし、
交通費の支給が必要ないことも企業側のメリットになるでしょう。

「家から近いから」は実は双方にとって利点がありますから、

書き方を工夫すれば立派な志望動機となりますね!

 

「長く勤めたい」の例文

「長く勤めたい」ときの志望動機の例文でも、効果的な書き方があります。

「長く勤めたい」プラス「そう思った具体的な理由」を合わせて書くことがポイントです。

単純に「長く勤めたいから」だけでは、

「自社でなく他社でもいいのでは?」と思われてしまい、受け身の印象を与えてしまいます。

積極的なイメージを持ってもらうためにも、

同じテクニックを使って企業側のニーズと結びつけるのがいいですね。

 

貴店の女性パートの方がいつも大変親切で、いきいきと活躍されている印象もあり、

家族で気持ちよく利用させていただいていました。

そのような環境で私も長く勤め、貴店に貢献したいと思い志望しました。

「ただ長く勤めたいから…」よりも背景が感じられて、ずっと熱意のある志望動機に感じますよね。

労働環境や企業理念に共感していることも同時に示すことができます。

 

企業側からすれば、採用業務や新人教育は時間と費用がかかるもの。

できれば1人の人に長く勤めてもらいたいというのは正直な思いなのです。

企業側のニーズと、あなたの働く目的をうまく結びつけて書いてみてくださいね。

まとめ

今回は50代パート面接の志望動機の例文を調査してみました。

成功する志望動機の例文には、

自分の働く目的と企業のニーズをうまく結びつけて書くポイントが隠れていました。

同じように「家から近い/長く勤めたい」は志望動機としてありのままで書いても大丈夫なのかどうかも分かりましたね。

一方的に自分の要求や条件を伝えるだけでなく「双方のメリットになる」という伝え方が大切です。

50代になってからの面接は緊張しますが、採用担当者だって同じ人間です。

想像力をほんの少し働かせ「自分だったらどう感じるか」を考えると、

採用に結び付きやすいのではと感じました。

今回の志望動機の例文があなたのお役に立ち、

充実したお仕事ライフが送れることを祈っています!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

ぜひ参考にしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました