マリ共和国のクーデターを起こした首謀者は誰?理由・原因についても調査

広告

西アフリカ・マリの首都バマコで、兵士らによりケイタ大統領や政府高官、軍幹部が拘束され、その後ケイタ大統領は辞任、

議会を解散すると表明したことを受け、クーデターが起きたのではないかとされています。

 

こんにちは。『curiousNOSTALGHIA』管理人の「のす太」です。ページをご覧いただきありがとうございます!

インコ3兄弟
インコ3兄弟

「curiousNOSTALGHIA」のご意見番、インコ三兄弟なんだぜ!

クーデターか?!大変なことが起きているようなんだぜ!

市街地を軍用車両が走行し、首都近郊の軍基地では銃声が響いているといい、混乱が続いているようですが、

なぜこのようなことが起きてしまったのでしょうか?

今回は、このマリのクーデターについて、起こした首謀者は誰なのか?またその理由や原因についても調査していきます。

マリのクーデターを起こした首謀者は誰?

報道によると、軍兵士の一部が反乱を起こし、首都バマコ近郊にある軍基地を占拠してケイタ大統領やシセ首相らを拘束したとありますので、

元々は軍に属していた兵士がクーデターを起こしたということなんですね。

ということは、それを率いた首謀者は軍隊の中で力を持った人物ということになりそうですね。

インコ3兄弟
インコ3兄弟

ツイッターでは、サディオ・カマラ大佐とディアウ大佐という2人の名前が、

クーデターの首謀者と目される人物として挙がっているのを見つけたんだぜ。

 

マリでクーデター起きた理由・原因は?

今回マリでクーデターが起きた理由や原因について、報道によると不明な点も多いとのことですが、

首都バマコにおいては、今年に入ってから

『汚職や治安の悪化を止めることができないでいるケイタ(前)大統領の辞任を求めるデモが続いていたといいますから、

やはりその辺りに原因がありそうですが、

2012年にも軍兵士らはクーデターを起こしており、その時にトゥーレ大統領(当時)が辞任し、に代わって大統領となったのが、

ケイタ氏だったそうなので、クーデターが起こる土壌のようなものは歴史的に根付いていたのかな?とも思えますね。

インコ3兄弟
インコ3兄弟

確かに、今の日本だったらいくら政府に不満があっても、デモくらいは起こるかもしれないけれど、

クーデターにまで発展することはなさそうなんだぜ。

マリのクーデターまとめ

ここまで、

西アフリカ・マリの首都バマコで、兵士らによりケイタ大統領や政府高官、軍幹部が拘束され、その後ケイタ大統領は辞任、

クーデターではとされていることを受け、

このクーデターについて、起こした首謀者は誰なのか?またその理由や原因についても調査してきました。

 

首謀者については今のところ判明していないようですが、報道によると軍兵士の一部が反乱を起こしたとありますので、

それを率いた首謀者は軍隊の中で力を持った人物ということになりそうです。

ツイッタ上には、サディオ・カマラ大佐とディアウ大佐という2人の名前が挙がっていました。

またその理由については、首都バマコにおいては

今年に入ってから『汚職や治安の悪化を止めることができないでいるケイタ(前)大統領の辞任を求めるデモが続いていたといいますから、

そういったことで大統領や政府への不満が高まっていたということなのかもしれません。

インコ3兄弟
インコ3兄弟

最後まで読んでくれて、ありがとなんだぜ!

いずれにせよ早く混乱が収まることを願っているんだぜ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました