ワールドカップ2022日本のテーマソングは?NHKなど各局歴代応援曲も

スポーツ・オリパラ
スポーツ

FIFAワールドカップ2022カタール大会が11月21日(月)から12月19日(月)の間、開催されます。

ところで歴代のワールドカップをテレビ観戦してきた皆さん、

各大会ごとに日本代表を盛り上げる熱い応援曲があったことはご存じでしょうか?

当時を振り返ると数々の有名アーティストたちが応援曲で日本中を盛り上げてきました。

皆さんもお気に入りの応援曲、記憶に残っている応援曲があるのではないでしょうか?

今回のFIFAワールドカップ2022カタール大会でも数々の名曲が誕生し、

日本中を盛り上げてくれること間違いなしです。

 

今回の記事では、

・FIFAワールドカップ2022日本公式テーマソング

・FIFAワールドカップ歴代日本テーマソング

・FIFAワールドカップ2022全世界公式テーマソング

を紹介いたします。

 

今回の記事を読んで、FIFAワールドカップ2022カタール大会と今回紹介させていただいたアーティストに興味を持っていただけると嬉しいです。

前置きが長くなりましたが、次項から紹介させていただきます。

それではどうぞご覧ください(^^)

FIFAワールドカップ2022 日本公式テーマソング

ABEMA・テレビ朝日FIFAワールドカップカタール2022番組公式テーマソングですが、

LiSAの書き下ろし楽曲『一斉ノ喝采(いっせいのかっさい)』に決定しております。

LiSAさんは人気テレビアニメ『鬼滅の刃』の主題歌を歌っていた人気アーティストです。

私も聴いてみましたが、ロック調でCメロからサビに掛けての盛り上がりが、

試合のハイライトシーンと合いそうでカッコいい曲だと思いました。

この曲もきっと後世でも人気が出ること間違いなしでしょう!!

ABEMA公式サイトにLiSAさんのインタビューが掲載されているので、

気になる方はご覧になってみてください(^^)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

LiSAさんインタビュー

NHK放送 テーマソング

ABEMA・テレビ朝日FIFAワールドカップカタール2022番組公式テーマソングはLiSAさんが担当しますが、

日本戦を放送するNHKは未だに公式テーマソングの発表がありません。

これはわかり次第、お伝えしていきたいと思います。

FIFAワールドカップ2022 全世界公式テーマソング

Hayya Hayya (Better Together) | FIFA World Cup 2022™ Official Soundtrack

FIFAはディエゴ・アルマンド・マラドーナの少人数の参加を特徴とするトーナメントの公式ソングを公式に発表しました。

Hayya Hayya(Better Together)、またはスペイン語で「Better Together」 は、

11月21日から12月18日まで、年末に初めて開催されるワールドカップ全体で演奏される音楽に選ばれた名前で、

アメリカのアーティストであるトリニダード・カルドナ、アフロビートのダビド、地元カタールのアーティストであるアイシャのコラボレーションです。

今回のテーマソングのコンセプトとして、

「アメリカ、アフリカ、中東の声を集めたこの曲は、音楽とサッカーがいかに世界をひとつにまとめるかを象徴しています」 と、

FIFAの最高商務責任者であるケイ・マダティは述べています。

「FIFAの新しい音楽戦略の一環として、サウンドトラックにはこれまでにないほどワールドカップの雰囲気にファンを浸すいくつかのトラックが含まれます。R&Bとレゲエの影響を受けたシングルは、年末に経験するようなフットボールパーティーのペースを理想的に設定します」

と彼らは声明によってサッカーを規制する責任がある団体から説明しました。

もしかすると、未だに公式テーマソングの発表がないNHKはこの曲を使用するのかもしれませんね。

FIFAワールドカップ 歴代日本テーマソング

この項目では各大会ごとに日本代表を盛り上げた熱い応援曲を紹介していきます。

NHK

開催年開催地タイトル / アーティスト ⇒YouTube
2020年(NHKサッカーテーマ)Change the WorldMAN WITH A MISSION
2019年フランス<女子>VOLT-AGESuchmos
2018年ロシア<男子>
2017年(NHKサッカーテーマ)We areONE OK ROCK
2016年(NHKサッカーテーマ)NIPPON椎名林檎
2015年カナダ<女子>
2014年ブラジル<男子>
2013年(NHKサッカーテーマ)Aoiサカナクション
2012年(NHKサッカーテーマ)君と羊と青RADWIMPS
2011年ドイツ<女子>
2010年南アフリカ<男子>タマシイレボリューションSuperfly
2006年ドイツ<男子>チャンピオーネORANGE RANGE
2002年韓国 日本<男子>Mugenポルノグラフィティ
1994年アメリカ<男子>GET GOOD GET GODバブルガム・ブラザーズ  

日本テレビ系列

開催年開催地タイトル / アーティスト ⇒YouTube
2018年ロシア<男子>BLUENEWS
2014年ブラジル<男子>ONE −for the win−NEWS
2010年南アフリカ<男子>reboot ~あきらめない詩~flumpool
2006年ドイツ<男子>手を出すな!GAKU-MC, 桜井和寿(Mr.Children)
2002年韓国 日本<男子>FANTASISTADragon Ash

TBS系列

開催年開催地タイトル / アーティスト ⇒YouTube
2018年ロシア<男子>AwakeningEXILE
2014年ブラジル<男子>RAGE関ジャニ∞
2010年南アフリカ<男子>SHOUTTEARS FOR FEARS
2006年ドイツ<男子>Get Your DreamTOKIO
2002年韓国 日本<男子>アイデンティティ大黒摩季  

フジテレビ系列

開催年開催地タイトル / アーティスト ⇒YouTube
2018年ロシア<男子>カタルシストRADWIMPS
2014年ブラジル<男子>凱旋行進曲アイーダ
2010年南アフリカ<男子>
2006年ドイツ<男子>STARTLiNE矢井田瞳
2002年韓国 日本<男子>凱旋行進曲アイーダ  

テレビ朝日系列

開催年開催地タイトル / アーティスト ⇒YouTube
2018年ロシア<男子>A Question Of Honourサラ・ブライトマン
2014年ブラジル<男子>
2010年南アフリカ<男子>
2006年ドイツ<男子>buzzer beaterSMAP
2002年韓国 日本<男子>熱き鼓動の果てB’z

調べてみると、B’z、大黒摩季、椎名林檎、ORANGE RANGE、Superfly、Suchmosなど、

数多くの有名アーティストが大会を盛り上げてきたことがわかります。

私はその中でもSuchmosの『VOLT-AGE』が一番印象に残っていて、

日本代表のベスト8進出を掛けたベルギー戦の激闘と曲がマッチしていて好きでした。

気になった曲があった方はYouTubeのリンクを貼っておきましたから、

よろしければチェックしてみてくださいね(^^)

まとめ

・ABEMA・テレビ朝日FIFAワールドカップカタール2022番組公式テーマソングはLiSAの『一斉ノ喝采(いっせいのかっさい)』

・FIFAワールドカップカタール2022全世界公式テーマソングはHayya Hayya(Better Together)。

FIFAワールドカップ歴代日本テーマソングはB’z、大黒摩季、椎名林檎、ORANGE RANGE、Superfly、Suchmosなど、数多くの有名アーティストが担当。

以上が今回のまとめになります。

いつもcurious NOSTALGHIAのサイトをご覧になっていただいている皆様、ありがとうございます。

今回の記事はいかがだったでしょうか?

今回の記事を読んで少しでもFIFAワールドカップカタール2022に興味を持っていただけると幸いです。

一緒に日本代表を応援しましょう!!

それではまた(^^)

 

 

インコ3兄弟
インコ3兄弟

最後まで読んでくれてありがとなんだぜ!

タイトルとURLをコピーしました