長崎のクルーズ船(コスタアトランチカ)なぜ入港?いつまで停泊している?

巷の話題(事件)

長崎県長崎市の香焼(こうやぎ)町に停泊中のクルーズ船(イタリア籍)「コスタアトランチカ」で、

船会社社員一人の新型コロナウイルス感染が確認されたとの報道がありました。

 

こんにちは。『curiousNOSTALGHIA』管理人の、のす太です。

ページをご覧いただきありがとうございます!

インコ3兄弟
インコ3兄弟

「curiousNOSTALGHIA」のご意見番、インコ三兄弟なんだぜ!

長崎県にイタリアのクルーズ船?なんでまた?!

 

 

その後の検査で、現在感染者は33人にまで拡大、

ネット上では「なんで今頃クルーズ船?」など、疑問の声も上がっています。

 

そこで今回は、このクルーズ船(コスタアトランチカ)について、

なぜ長崎に入港することになったのか?いつまで停泊しているのかなど調べてみました。

 

 

 

長崎に停泊中のクルーズ船(コスタアトランチカ)入港の理由は?

「長崎に停泊中のクルーズ船から新型コロナウィルス」と聞いて、「なんでまた?」と思われる方も多かったと思います。

報道によるとこのクルーズ船「コスタ・アトランチカ」は、

先月(3月)25日にかけて長崎港にある三菱重工長崎造船所香焼(こうやぎ)工場で修繕を受けるために停泊していたとのこと。

考えてみれば当たり前ですが、乗客がいたわけではないんですね。

 

でもなんで、イタリアの船が三菱重工造船所の工場で修繕?と思ったら、1月に修理のため中国に入るはずだったのが、

中国での新型コロナウィルス流行で入ることができず、1月31日には長崎に入港していたといいます。

その後3月25日に修繕が完了、26日に市中心部の松が枝岸壁に移動し物資を補給の後いったん出港、

4月1日から再び香焼工場に停泊しているのだということですが、この間乗組員など623人が船に居住し、

制限されていたというものの、買い出しのためにバスで市街地を訪れたりもしているとのことで、もしかしたら感染は市中でのことかもしれないですね。

 

 

長崎のクルーズ船(コスタアトランチカ)いつまで停泊している?

長崎に停泊中のクルーズ船(コスタアトランチカ)、修理のために1月には入港していたということで、

乗客などはいないとのことなのですが、それでも623人もの乗組員などが船におり、現時点で新型コロナウィルスへの感染者も33人となると、

「ダイヤモンド・プリンセス」船内での爆発的な感染拡大も記憶に新しい中、一般的な感情としてはやっぱり、

「いつまで停泊しているんだろう?」「早く自国へ帰ってくれないだろうか?」と、乗組員の方など気の毒と思いつつも考えてしまいます。

 

 

当初の予定、報道によると「修繕を終え試運転を経て今月(4月)末まで停泊」とのことですが、

33人もの感染者が確認された今、治療を日本でということにでもなれば停泊の期間も伸ばさざるをえないことになるのかもしれません。

 

インコ3兄弟
インコ3兄弟

14日間隔離して検査か…早くても5月には入ってしまいそうなんだぜ。

長崎のクルーズ船まとめ

ここまで、長崎県長崎市の香焼(こうやぎ)町に停泊中のクルーズ船(イタリア籍)「コスタアトランチカ」で、

船会社社員の新型コロナウイルス感染が確認され、現在までに33人の乗組員の感染が確認されたという報道を受け、

このクルーズ船「コスタアトランチカ」について、なぜ長崎に入港することになったのか?また、いつまで停泊しているのか調べてきました。

 

入港の理由としては、今年1月に船の修繕のため入港する予定であった中国に、新型コロナウイルスの影響で入港することができず、

長崎港にある三菱重工長崎造船所香焼(こうやぎ)工場で修繕を受けるために入港、停泊していたとのこと。

当初の予定では、停泊は今月(4月)末までとのことですが、乗務員に感染者が出てしまった以上、期間は伸ばさざるを得ないのではないでしょうか。

 

ただ、長崎など地方では医療施設もそこまで多くないでしょうし、

このことによって地元の市民へのサポートが行きわたらなくなるのが心配…という声も多く見えました。

国や自治体、そして船籍のあるイタリアにも、迅速な対応を望みます。

 

 

インコ3兄弟
インコ3兄弟

最後まで読んでくれて、ありがとなんだぜ!

オレたちも、とにかく早期の収束を願うしかできないというのがツライところなんだぜ。。。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました