ジェルネイルでピーコック柄のやり方とコツを画像付きで解説!

ピーコック柄ネイルの出来上がりネイルチップ画像 ネイル

こんにちは!管理人ののす太です!

 

今回は「ピーコック」というネイルアートをご紹介します。

出来上がりはその名の通り『クジャクの羽』のような模様になる華やかなアート。

ポリッシュでもジェルネイルでもできますが、

特にジェルネイルでは検定初級のアート課題にもなっている定番のアートですし、

材料もカラージェルとアート筆が1本あればできてしまうという手軽さ!

なのに、色の組み合わせやアレンジ次第でとても凝っているように見えますから、

ネイルを始めたばかりの方にもまず挑戦していただきたいアートなんです。

 

それではここから、ジェルネイルを使っての『ピーコック柄』

基本的なやり方の手順やコツを、画像も交えて解説していきますね!

 

ジェルネイルで『ピーコック柄』のやり方とコツ

下準備

チップには必要ありませんが、自爪につける場合は余分な甘皮などを除去し、表面をファイルでサンディング、ネイルプレップによる油分除去など、下準備をしておくことで、もちの良いジェルネイルをつけることができます。

ベースクリア塗布(チップでは必要ありません)

ベースになるクリアジェル爪全体に塗布します(爪先も忘れずに!)。→硬化1分

のす太のおすすめ

プロも使っている比較的安価で持ちのよいおすすめのベースジェル!

 

1.ベースカラー塗布

ベースになるカラージェルを全体に塗布(爪先も忘れずに)し1分間硬化します。→もう一度繰り返し

ピーコック柄ネイル作成中のネイルチップ画像

のす太使用カラー

検定試験にも使える『赤』です!

 

2.ラインを描く

クリアジェル(ミキシングジェルなどでもOK) を全体的に薄めに塗布し、ピーコック柄にしたいカラーで数本ラインを描きます。

のす太使用カラー

 

ささ兄
ささ兄

クリアジェルはあまり厚く塗るとラインがにじんでしまったりやりにくくなるので注意なんだぜ!

しぐしぐ
しぐしぐ

ベースカラーが濃い目の赤だから、模様はパステルカラーにしてみたぞ!

 

3.模様を入れる

細めのアート筆(ライナーなど)で外側から内側の一点に向かって軽い筆遣いでラインを入れていきます。→硬化

ピーコック柄ネイル作成中のネイルチップ画像

ふぶたん
ふぶたん

あんまり力を入れすぎず、スッスッとテンポよく筆をひくのがコツなんだぜ!

 

ピーコック柄ネイル作成中のネイルチップと使用した筆の画像

全くできないということではありませんが、

筆は短すぎるとスッと引き抜けないですし、長すぎると力が足りない気がしますね。

自分のやり易い筆を探してみてくださいね!

 

のす太使用アイテム

ピーコックにも使いやすい長さのアート筆

 

仕上げ

トップジェルを全体(爪先も忘れずに!)に塗布し1分間硬化、クリーナーで未硬化ジェルをふき取って出来上がりです。

のす太のおすすめ

プロも使っているプリジェルのトップジェル。比較的安価でもちもよくおすすめです!

 

 

デザイン共通のポイント

  • 未硬化ジェルをふき取る際のクリーナーはエタノール消毒液でも代用できます
  • 拭くのは専用ワイプが間違いないですが、キッチンペーパーでも代用できますよ!
  • は使いやすそうなものを挙げていますが、特に問いません。一番使いやすいと思う筆を使いましょう。
  • 仮硬化を繰り返すときなどにペン型LED ライトがあると、とっても便利ですよ。
  • 硬化時間は目安です。メーカーの支持をもとに、ライトのワット数などによって変えてみましょう。
  • その他、やり方は様々ですので参考まで。要するに、出来上がりが気に入ればいいのです!!

 

のす太のおすすめ!

仮硬化を繰り返すときなど作業が楽になりますよ!

 

 

まとめ

ここまで、カラージェルと筆1本で凝った模様が描ける

ネイルアートの定番『ピーコック』について、

基本的なやり方やコツをご紹介してきました。

 

カラージェルによってはとても滲みやすいものもありますので、

なるべく手早く、テンポよくラインを入れていくのがコツですね。

あとは応用、アレンジ次第でハート型やお花のようにもできたりします。

 

ジェルネイルの場合、

うまくいかなくても硬化前なら拭きとってしまえば良いわけですし、

ベースカラーだけ仕上げておいて、

クリアジェルを塗るところから、何度でも練習しちゃいましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました