QR改札機とはどういうもの?使い方や設置場所も調査

広告
話題【速報】

2020年3月14日に開業するJR山手線と京浜東北線の新駅『高輪ゲートウェイ駅』に

『QR改札』というものが導入されるという発表がありました。

改札というからには、電車に乗るときに通るところのことなんだろうけれど、それがQR?

QRコードといえば、スマホなどをピッとかざすと特定のWEBページが見られたり、

最近ではキャッシュレス決済にも導入されているゴニョゴニョしたコードのことですよね。

それが改札につくということ?

出不精で電車にもあんまり乗らないのす太ですが、

それだけにたまーのお出かけで、いきなりよくわからないものに出合わすのはやっぱり不安。

 

ここはちょっと気が早いのですが『QR改札機』というものについて、

いったいどういうものなのか?またどうやって使うのか?調べてみることにしました。

 

QR改札機とは?

画像:ITmedia

 

QR改札機のイメージ図というものがあったので見てみると、

現在スイカなどのICカードをタッチして通過する読み取り機の部分とQRコード読み取り機が並んでいますが、

図で見ると今ICカード読み取り機があるところに近い方(切符を入れるところ)が、QRコード読み取り機になってますよね?

これ、急いでいる人や久しぶりに電車に乗る人なんかは間違えそう。

 

ささ兄
ささ兄

のす太は間違えそうっていうか、絶対間違えるだろ。

しぐしぐ
しぐしぐ

んで、列を止めて白い目で見られるんだぜ!

インコ兄弟に脅かされて、のす太は不安しかないのですが、そんなQR改札機、どこに設置されるのでしょうか?

QR改札機はどこに設置される?

まずJR東日本では、2020年3月14日に開業するJR山手線と京浜東北線の新駅『高輪ゲートウェイ駅』に試験的に設置・導入するとのことですが、

すでに沖縄ゆいレールや九州のモノレール、11月には大阪メトロがQRコードと顔認証を組み合わせた

『チケットレス改札』なるものを試験的に導入していたりはするので、

今後この『高輪ゲートウェイ駅』での試験で良さそうだということになれば、JR東日本の他の駅にも設置されていくことになるのでしょう。

 

そこでのす太が気になっちゃうのが、QRコード乗車券の購入方法から使い方なんですよね。

QR改札機の使い方

沖縄のQR改札の動画を投稿してくださっている方がいたので見てみました。

 

QRコードが描かれた切符?的なものをタッチして読み込ませながら通過するんですね。

まぁそれはのす太でも、分かる。

でもその切符は券売機で買うんですかね?

紙やスマートフォンに表示したQRコードを改札にかざして通過する方式のモニター評価実験を行う。

ITmediaより

ということなので、最終的にはスマホで購入して表示したQRコードをかざして改札を通過することになるのでしょうが、

購入方法などについて、詳しい情報はまだ出ていないようですので、引き続き調べていきたいと思います。

 

みんなの反応は?

ふぶたん
ふぶたん

みんな色々分析していてすごいんだぜ!

しぐしぐ
しぐしぐ

のす太が感じているような不安もあるんけど、コスト削減などのメリットもあるんだろうな。

ささ兄
ささ兄

高輪ゲートウェイ駅での試験でどんな反応があるか気になるんだぜ。

 

まとめ

ここまで、2020年3月14日に開業するJR山手線と京浜東北線の新駅『高輪ゲートウェイ駅』に導入されると発表された『QR改札機』について、

『QR改札機』とは一体どんなものなのか?今後も含めどこに設置されるのか?や、どうやって使うのかなども調べてきました。

『高輪ゲートウェイ駅』への導入も試験的な要素があるようなので、使い方などはこれから明らかになっていくものと思われます。

ただ試験的とはいえ大規模なものですから、今後色々な駅に設置されていくということは確かなのでしょうね。

その時になって戸惑わないようにするためにも、これからも引き続き調査を進めていきたいと思います!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました