米国(アメリカ)著名人ツイッターハッキングの原因は?乗っ取られたアカウントの一覧も

広告

7月15日、アメリカの著名人や企業のツイッターアカウントが、何者かにハッキングされ乗っ取られたとみられています。

 

こんにちは。『curiousNOSTALGHIA』管理人の、のす太です。

ページをご覧いただきありがとうございます!

インコ3兄弟
インコ3兄弟

「curiousNOSTALGHIA」のご意見番、インコ三兄弟なんだぜ!

アメリカの著名人や大企業のアカウントを乗っ取るなんて、また大それたことをするもんだな。

報道によると、被害に遭ったアカウントにはジョー・バイデン前副大統領など著名人や、アップルなど大企業が名を連ね、

乗っ取られたアカウントには仮想通貨に関する詐欺的な投稿がされたといいます。

これにより、日本でも主にTwitter認証を受けたユーザーから「投稿ができない」などの報告が出てきており、大きな影響が出ているよう。

それにしてもなぜこんなことが起きてしまったのでしょうか?

 

今回は、この米国(アメリカ)著名人ツイッターがハッキングされた原因について、また乗っ取られたアカウントについても調べていきます。

米国(アメリカ)著名人ツイッターハッキングの原因は?

逮捕された17歳の少年によると、「ツイッター社員から社内ツールへのログイン情報を盗み取り」ハッキングしたとのことで、

当初言われていたTwitterに未知の脆弱性があったというよりは、ツイッター社員のログイン情報の管理が甘かったということのようですね。

アメリカの著名人や大企業のツイッターアカウントがハッキングされ、内容が書き換えられるなどといったことが、そもそもできるんですね?!

こういうことにはまったくもって疎いのす太からすると、さっぱり訳が分からないのですが、アメリカの著名人や大企業といえば、

ネット上のセキュリティなどには特に厳しいイメージがありますし、実際2要素認証などセキュリティ手段は講じていたとのことですから、

パスワードが漏れたとかいうよりは、どうやらTwitterの側に乗っ取りを許してしまうような未知の脆弱性があるのではと考えられています。

 

インコ3兄弟
インコ3兄弟

たしかに、同時多発的な犯行みたいだし、アカウント個々の問題というよりは、Twitterそのもののセキュリティーの問題っぽいんだぜ。

米国(アメリカ)著名人ツイッター乗っ取られたアカウント一覧

今回ハッキングされたTwitterアカウントについて、情報にあるものをまとめてみましたが、現在アカウントは、復旧しているようです。

アップル(@Apple)

ウーバーイーツ(@UberEats)

イーロン・マスク(@elonmusk)

ビル・ゲイツ(@BillGates)

ジェフ・ベゾス(@JeffBezos)

カニエ・ウエスト(@kanyewest)

ジョー・バイデン(@VP44)

バラク・オバマ(@BarackObama)

仮想通貨関連アカウントなど

米国(アメリカ)著名人ツイッターハッキングまとめ

ここまで、

7月16日朝、アメリカの著名人や企業のツイッターアカウントが、何者かに一斉にハッキングされ乗っ取られたとみられ、

日本でも主にTwitter認証を受けたユーザーから「投稿ができない」などの報告が出てきており、大きな影響が出ていることをうけ、

この米国(アメリカ)著名人ツイッターがハッキングされた原因について、また乗っ取られたアカウントについても調べてきました。

 

今のところ原因について確たる情報がありませんが、

被害に遭っているアカウントでは2要素認証などセキュリティ手段は講じていたとのことですし、おそらく同一犯による同時多発的な犯行であることから、

パスワードが漏れたとかいうよりは、どうやらTwitterの側に乗っ取りを許してしまうような未知の脆弱性があるのではと考えられています。

被害に遭ったアカウントには、アメリカの著名人や大企業などそうそうたる名前が並びますが、現在アカウントは、復旧しているようです。

インコ3兄弟
インコ3兄弟

最後まで読んでくれて、ありがとなんだぜ!

いずれにしても原因はちゃんと究明してもらわないとだな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました