PR記事

コロナサンセットフェスティバル2023の出演者/アーティスト/タイムテーブルも

エンタメ
エンタメ

コロナサンセットフェスティバル2023が7月15日(土)・16日(日)に開催されます。

開催地は、沖縄県の黒﨑海浜公園 美らSUNビーチです。

サンセットとリラックスをテーマに、コロナビールを片手に音楽を触れられる癒しのひとときを味わえる音楽フェスティバルです。

世界14カ国で開催されることが決定し、日本では4年ぶりとなります。

沖縄を始め、チリ・ペルー・イタリア・イギリス・カナダ・中国・ドミニカ共和国・ブラジル・南アフリカ・コロンビア・インド・アルゼンチン・ウルグアイのリゾート地で開催。

今回は沖縄で開催されるコロナサンセットフェスティバルで、誰が出演するのかまとめました。

 

この記事では、

  • コロナサンセットフェスティバル2023アーティストラインナップ
  • コロナサンセットフェスティバル2023タイムテーブル

などについてまとめています。

スポンサーリンク

コロナサンセットフェスティバル2023出演者

7月15日(土)

  • DJ HARVEY(DJ ハーヴィー)
  • Durand Jones(ドラン ジョーンズ)
  • 平井 大(ヒライ ダイ)
  • Miles Medina(マイルス メディナ)
  • 離婚伝説
  • Blue Vintage(ブルー ヴィンテージ)
  • SAIRU(サイル)
  • DJ REN(DJ レン)
  • Mark West(マーク ウェスト)
  • Nightmares On Wax
  • peeto
  • 宇田川別館バンド
  • gb

7月16日(日)

  • Moonchild(ムーンチャイルド)
  • Nulbarich(ナルバリッチ)
  • yonawo(ヨナヲ)
  • childspot(チルズポット)
  • tonun(トヌン)
  • DURDN(ダーダン)
  • Naoki Serizawa(ナオキ セリザワ)
  • C&K
  • Yui&The Mahadhi Bohemians
スポンサーリンク

コロナサンセットフェスティバル2023アーティストラインナップ

7月15日(土)

DJ HARVEY(DJ ハーヴィー)

Instagram

DJ界で最も神の領域に近いとされているレジェントです。

世界中からオファーが殺到している、生ける伝説。

2010年にジャパンツアーを開催し、全国12都市を回っています。

2022年にも3年ぶりの来日で、注目を浴びた人物です。

Durand Jones(ドラン ジョーンズ)

Twitter

ドラン・ジョーンズ&ジ・インディケーションズを率いる5人組ユニット。

2023年5月にソロアルバムがリリースされます。

コロナサンセットの翌日7月17日(月・祝)と18日(火)、大阪と東京でライブも決定しています。

平井 大(ヒライ ダイ)

Twitter

東京都出身のシンガーソングライター。

2011年のハワイ最大規模のイベントでイメージソングに抜擢され、大注目されました。

その後、ウクレレ&アコースティックギターで奏でるメロディーと歌詞が、若者を中心に人気となりました。

Miles Medina(マイルス メディナ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Miles Medina(@milesmedina)がシェアした投稿

14歳でDJバトルに出場し、技術を磨き続けた結果、ジャンルに捉われない表現で世界中の話題となりました。

DJ以外にも、リミックスやエディットの製作を手掛けるなど多才です。

離婚伝説

2022年1月に結成されたボーカルの松田歩とギターの別府純のユニット。

人気急上昇中のバンドで、インパクトのあるバンド名でネットでも広がりました。

スティービーワンダーとの出会いをきっかけに、R&Bやソウルから音楽を掘り下げていったそうです。

Blue Vintage(ブルー ヴィンテージ)

フィリピンで生まれ、サイパンで育って、ハワイで学生時代を過ごしたため、自然と多国籍な感性が身に付いたボーカルのJ.Speaks。

音楽業界の父のもと育ったギターのTaigaの2人組ユニット。

ハイブリット性があり、個性が入り混じった楽曲が心地よいとファンを魅了しています。

SAIRU(サイル)

 

この投稿をInstagramで見る

 

SAIRU(@sairu.wdlst)がシェアした投稿

5人組雑食バンド。

ロック・ジャズ・ファンク・ソウル・レゲエ・ヒップホップ・ラテン・民族音楽・歌謡曲など幅広いです。

国内外のイベントやフェスで、多く出演しています。

DJ REN(DJ レン)

元レコードショップのバイヤーで、豊富な知識と経験があります。

サウンドプロデューサーとしての活動もしていて、高い評価を得ています。

Mark West(マーク ウェスト)

カルフォルニア出身、音楽を熱心に勉強してLAで働き、2015年から東京を拠点に活動しています。

日本以外にも、台湾、韓国、中国、フィリピン、シンガポールなどクラブのDJを担当。

Nightmares On Wax(ナイトメアズ・オン・ワックス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Pikes Ibiza(@pikesibiza)がシェアした投稿

伝説のエレクトロニック・レーベル、ワープ・レコードの設立当初から在籍。

洗練されたエレクトロニカ、スムーズなジャズ、巧みなヒップホップなどが加わり、独特のミュージックが特徴です。

peeto

2017年に結成されった、千葉県柏市発祥のロックバンド。

サーフミュージックやブラックミュージックなどを織り交ぜた楽曲が、クセになります。

宇田川別館バンド

2010年に活動を開始した8人組のビッグバンド。

テーマは情熱の夜遊びで、ジャンルを多数操り「情熱」に満ちた曲が特徴です。

gb(ジーピー)

クール&ザ・ギャングのメンバーで、父親はジョージブラウン。

アメリカのシンガー・ラッパー、日本育ちのアメリカ人で、英語と日本語を巧みに操った歌詞とメロディーが若者を中心に人気を集めています。

7月16日(日)

Moonchild(ムーンチャイルド)

2023年の第65回グラミー賞でベストプログレッシブR&Bアルバムにノミネートされたロックバンド。

同時に、Jazz FMのSoul Act of the Yearにも選ばれており、波に乗っているメンバーです。

Nulbarich(ナルバリッチ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nulbarich(@nulbarich_official)がシェアした投稿

Twitter

2016年に1stアルバムをリリースし、2年後に武道館ライブ、

シンガーソングライターのJQがリーダーで、メンバーは固定されていないのが特徴。

エモーショナルでなのにポップな音楽です。

yonawo(ヨナヲ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

yonawo(@yonawo.jp)がシェアした投稿

福岡結成で、2019年にメジャーデビューしたばかりのバンド。

バンド史上最多の全国12か所でワンマンツアーも各地で完売し、デビュー3周年で波に乗っているメンバーです。

childspot(チルズポット)

メンバー全員2002年の東京生まれ。

中毒性のある楽曲が話題となり、ジャンルレスな感覚で自由な音楽を表現しています。

tonun(トヌン)

広島県出身で、2020年に本格的に活動を開始しました。

甘いスモーキーなボーカルに、心地よいトラックが魅力的なシンガーソングライター。

YouTube「今夜のキスで」は120万再生を超えた話題曲です。

DURDN(ダーダン)

Twitter

韓国出身のシンガーを迎えた日韓3人組ユニット。

2021年に本格的に活動をスタートし、毎月新曲を発表した結果、12カ月連続リリース達成をしています。

多彩なジャンルが混合した音楽スタイルです。

Naoki Serizawa(ナオキ セリザワ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@naoki_serizawa)がシェアした投稿

Twitter

東京を中心に音楽活動しているDJ兼音楽プロデューサーです。

これまでに世界各地25都市以上のクラブやフェスに出演し、知識と経験が豊富。

ソウル・ラテン・ファンク・ジャズなど多ジャンルにDJプレイが繰り広げられます。

C&K

 

この投稿をInstagramで見る

 

C&K Official(@candkinfo)がシェアした投稿

スーパーハイトーンボイスのCLIEVYと、シルキーボイスのKEENからなるボーカルユニット。

ブラックミュージックからフォークや歌謡曲までジャンルと問わず、さらには、2人でミクスチャーしたJAMと呼ぶ音楽スタイルがあります。

Yui&The Mahadhi Bohemians

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yui Arakawa(@djembeyui)がシェアした投稿

パーカッションYui Arakawaとドラマー白根佳尚、レゲエベーシストYahmanのインストバンド。

踊れてキャッチーなワールドミュージックをモットーにしています。

スポンサーリンク

コロナサンセットフェスティバル2023タイムテーブル

※分かり次第更新します。

7月15日(土)

 

7月16日(日)

 

スポンサーリンク

コロナサンセットフェスティバル2023チケット情報

チケットは、2023年5月27日(土) 10:00 ~販売されています。

チケット料金

〇1日券:8,800円(税込)/2日券:15,000円(税込)

〇当日券:9,800円(税込)

〇VIPチケット:300,000円(税込)
→専用テーブル6名掛け1卓/VIPエリアパス6枚/ウェルカムドリンク/専用トイレ/専用エントランス/テーブルオーダー制/VIP専用メニューオーダー可能

購入先

楽天チケット

チケットぴあ
(~7月15日(土) 23:59まで、予定枚数終了次第販売終了)

O-チケ
(~7月15日(土) 22:00まで)Lコード:83929
往復シャトルバス(沖縄県県庁前 発 ⇔ 黒﨑海浜公園)Lコード:81749

イープラス
(~7月15日(土) 23:59まで、予定枚数終了次第販売終了)

ZAIKO
(~7月15日(土) 23:59まで、予定枚数終了次第販売終了)

Funnow

スポンサーリンク

コロナサンセットフェスティバル2023のサスティナビリティ

1.使い捨てプラスチックの撤廃

2.会場内で販売するフードメニューの50%以上に国産食材を使用

3.会場内で販売するフードメニューの25%以上にプラントベースメニューを採用

4.沖縄国際大学 学生環境委員会と提携し会場内のフード販売で余った食材を再利用

5.コンポストを活用したエコサイクルにとる生ゴミの削減

6.地域の分別ルールに則った適切な廃棄物管理の徹底

 

OCEANIC GROBALという、ニューヨークで設立された『海を守るために活動する国際NGO団体』が、世界の人々に海に深い関心を持ってもらうために、ポジティブな変化を生み出す力を持つ方法を提供しています。

それを、コロナサンセットフェスティバルにも取り入れ、開催することに決定しました。

日本国内の音楽フェスティバルでは、初の試みです。

スポンサーリンク

コロナサンセットフェスティバル2023概要

【日程】
2023年7月15日(土)・16日(日)

【開催時間】
7月15日(土) 開演/13:00~ 終演/23:00
7月16日(日) 開演/13:00~ 終演/21:00

【会場】
沖縄県 黒﨑海浜公園・オリオンECO美らSUNビーチ

【年齢制限】
20歳未満入場禁止

【来場予定人数】
20,000人(各10,000人)

【SNS】
公式サイトInstagramTwitterYouTube

スポンサーリンク

まとめ

今回は、コロナサンセットフェスティバル2023アーティストラインナップやタイムテーブルなどについてまとめました。

・7月15日(土)・16日(日)に開催
・沖縄県の黒﨑海浜公園 美らSUNビーチにて
・2日間に渡り世界で活動しているアーティストが出演

以上のことが分かりました。

世界14カ国で行われるサスティナビリティな音楽フェスとして、環境問題を考えながらイベントを楽しむ意識が高まることが期待されます。

コロナサンセットが日本で開催されるのは、4年ぶりということです。

コロナビール片手に、海を眺めながら音楽を楽しむ至福のひとときを過ごしましょう。

 

インコ3兄弟
インコ3兄弟

最後まで読んでくれてありがとなんだぜ!

タイトルとURLをコピーしました