Office365の不具合の原因は?障害マップや復旧がいつごろになるかについても調査

広告

2020年9月29日午前8時ころから、Office365やOutlook、Azure、Teamsなど、マイクロソフトの各種オンラインサービスに

不具合や障害が発生しているとの報告が、日本のみならずアメリカやオーストラリアなどでも急増しています。

 

こんにちは。『curiousNOSTALGHIA』管理人の「のす太」です。ページをご覧いただきありがとうございます!

インコ3兄弟
インコ3兄弟

「curiousNOSTALGHIA」のご意見番、インコ三兄弟なんだぜ!

Office365のサービスで障害発生だって?!使っている人が多いから大変だな?!

Office365などマイクロソフトのサービスは世界中で利用者自体多いですし、

仕事で使っているといったところも多いでしょうから、不具合が起こると多方面への影響が心配されますよね。

なぜこのようなことが起きてしまったのでしょうか?

 

今回は、このOffice365などなどの障害、不具合について、原因はなぜなのか?またいつまで続くのか?復旧するのはいつなのか?調べていきます。

Office365などの障害/不具合の原因は?

Office365などの障害/不具合の原因は今のところ不明となっています。

今回はマイクロソフトのオンラインサービスが多岐にわたり、

日本だけでなくアメリカやオーストラリアでも障害が発生しているようですから、ずいぶん大規模。

Office365だけに、うるう年の今年は1日使えない?なんて話も出ているようですが、そうもいっていられない方も多いでしょう。

 

マイクロソフトでは、当初「最近の設定変更が障害の問題だった」として変更を元に戻したものの症状が改善されなかったとのことで、

最新のツイートでは「問題調査の間、トラフィックを代替インフラに再ルーティングしている。詳細はhttp://status.office.comにアクセスして確認されたい」としています。

原因も気になりますけど、何はともあれ早急に対応してほしいですね。

 

Office365の障害マップ

Office365の障害マップは こちら

障害状況をグラフで見るには こちら

 

Office365などの障害復旧するのはいつ?

Office365などの障害が復旧するのがいつになるのか?今のところ分かっていません。

調べてみると、2019年11月20日に障害が発生したときは、やはり朝に発生した障害が復旧したのは、午後2時ころとのこと。

今回は、規模も大きいようですので、やはり相当の時間がかかるのではないでしょうか?

Office365などの障害まとめ

ここまで、

2020年9月29日午前、Office365などマイクロソフトのオンラインサービスで多岐にわたりに障害、不具合が出ているとの報告が、

日本のみならずアメリカやオーストラリアなどでも急増していることを受け、

このOffice365などなど各サービスでの不具合について、原因や復旧はいつになるのか?調査してきましたが、

今のところ、原因についても、復旧のめどについても判明していません。

公式からの発表を、今しばらくお待ちください。

インコ3兄弟
インコ3兄弟

内最後まで読んでくれて、ありがとなんだぜ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました