山村崇嘉(東海大相模)の出身小/中学校や身長などプロフィールを調査!についても

広告
人物

高校野球のドラフト会議が2020年10月26日(月)夕方の5時から行われますね。

【2020年ドラフト会議】
・テレビ放送:TBS系列(16時50分〜)/スカイA(スカパー(CS250):16時30分〜)
・ラジオ放送:ニッポン放送
・インターネット配信:ABEMA/Paravi/Baseball Gate/Sports Bull
・特別番組:「TBSお母さんありがとうSP」TBS系列(19時〜)

 

こんにちは。『curiousNOSTALGHIA』管理人の、のす太です。 ページをご覧いただきありがとうございます!

インコ3兄弟
インコ3兄弟
「curiousNOSTALGHIA」のご意見番、インコ三兄弟なんだぜ!
今年はどんな選手がどの球団から指名を受けるのか?楽しみなんだぜ!

毎年秋の恒例「ドラフト会議」、例年ですと夏の高校野球などで活躍した選手がどこのプロ球団に入団するのか?楽しみにされている方も多いと思います。

今年はなんといってもコロナウイルス感染拡大の影響により、夏の高校野球も地方大会や、交流戦など代替試合という形になってしまいましたし、

ドラフト会議そのものも、メイン会場なしの無観客で行われるということで、ちょっと盛り上がりに欠けるような気がしてしまいますが、

それでもやっぱり今後日本の球界を背負って立つような選手にはどんな候補がいるのかって、気になりますよね!?

 

そこで今回は、そんなドラフト候補の中から

特に注目の一人である山村崇嘉(東海大相模) くんについて、球歴/出身中学や家族についてなどプロフィールをまとめていきます。

 

山村崇嘉(東海大相模) の名前の読み方球歴/出身中学など

この投稿をInstagramで見る

ai(@aistaball)がシェアした投稿

山村崇嘉

読み方:やまむらたかよし

出身小/中学校:祖師谷小学校/東海大相模中学校

ポジション:ファースト/ピッチャー

投打:右投/左打

球歴:小学校1年から野球を始め名門チームの武蔵府中リトルに所属、ピッチャーを務め110キロ前後の投球をしていたそう。

中学校では部活ではなく武蔵府中シニアに所属し投打に活躍、MCYSA全米選手権大会日本代表・U-15アジアチャレンジマッチ日本代表にも選出され、

投手・野手としてプレーしました。

高校入学後は1年生にしてベンチ入りし、秋からは4番で、2年生夏の甲子園大会でも主軸を担いました。

また投手としても大先輩の巨人菅野投手を目標に、最速142キロを超えるストレートやキレのあるスライダーなどに磨きをかけ、

投打二刀流で注目を集めます。

山村崇嘉(東海大相模) の生年月日/身長/家族などプロフィール

この投稿をInstagramで見る

Kei_野球専用(@kei__baseball)がシェアした投稿

生年月日:2002年9月28日

出身地:東京都世田谷区

身長:180㎝

体重:85㎏

家族・彼女:山村崇嘉君の家族はご両親とお姉さんが2人います。

母親の美也子さんは新聞のインタービューに崇嘉君のことを「家ではおとなしい子です」と答えていますが、

お姉さんが2人いるとなると、やっぱりお家では女性陣にちょっと押され気味になってしまうのかもしれないですね。

彼女については、それらしい情報は見つかりませんでした。

今は大事な時ですし、恋愛はもう少し後でもいいのかな?お姉さんたちの目も厳しそうですしね(笑)

好きなタレントは、女優の松岡茉優さんとのこと。

山村崇嘉(東海大相模) まとめ

ここまで、

今年2020年の高校野球ドラフト会議で注目の一人、山村崇嘉(東海大相模) くんについて、その球歴/出身の小中学校や身長・家族についてなど調べてきました。

山村崇嘉くんは東京都世田谷区の出身、小学校1年から野球を始め名門チームの武蔵府中リトルに所属、

中学校では部活ではなく武蔵府中シニアに所属し投打に活躍、MCYSA全米選手権大会日本代表・U-15アジアチャレンジマッチ日本代表にも選出され、

投手・野手としてプレーしました。

高校入学後は1年生にしてベンチ入りし、秋からは4番で、2年生夏の甲子園大会でも主軸を担い、投手としても

最速142キロを超えるストレートやキレのあるスライダーなどに磨きをかけ、投打二刀流で注目を集めています。

ドラフトの結果もさることながら、プロでの活躍も期待されますね!

 

インコ3兄弟
インコ3兄弟

最後まで読んでくれて、ありがとなんだぜ!

10月26日のドラフト会議、オレたちも楽しみなんだぜ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました