2022全国高校ラグビー優勝候補は?出場校と組み合わせ/シード校/注目選手も

スポーツ・オリパラ
スポーツ

毎年、高校生ラガーマンの熱い戦いが観られる、第102回全国高校ラグビー大会。

2022年12月27日〜2023年1月7日にかけて花園ラグビー場にて熱戦の火ぶたが切って落とされます。

毎年、将来の日本代表選手を数多く輩出しているこの大会、

今年も素晴らしいプレイヤーが沢山出場予定です。

日本が誇るアーティストのケツメイシも大会テーマソングを担当していることから、

注目度もバツグンですね(^^)

 

第102回全国高校ラグビー大会はスカパー!J SPORTSでも全試合生中継!

 

 

今回の記事では、

・第102回全国高校ラグビー大会優勝候補

・第102回全国高校ラグビー大会出場校一覧

・第102回全国高校ラグビー大会注目選手

をお知らせしていきます。

ココでしか知ることの出来ない情報もあるかもしれませんから、

最後まで要注目ですよ!!

2022全国高校ラグビー優勝候補

今大会の優勝候補はラグビーファンの間では、報徳学園、東海大付属大阪仰星、東福岡の3校が挙げられています。

この項目では、優勝候補の3校についてご紹介していきますよ(^^)

報徳学園(兵庫)

今年の選抜大会優勝チームであり、夏に行われた7人制ラグビー大会でも優勝しております。

今年度の主要大会をすべて制しているため、今大会でも優勝候補の1つです。

千歳中ラグビー部(東京)出身のメンバーが複数人は入っていますが、

彼らの活躍が大変素晴らしく、花園の舞台でも活躍が期待されます。

昨年は、優勝した東海大仰星に0-33にて完全シャットダウン。
今年はリベンジに燃えており、伊藤利江人選手のキレのあるスピードとステップに注目です。

東海大付属大阪仰星(大阪)

昨年の優勝チームであり連覇を狙う東海大付属大阪仰星も優勝候補の1つです。

他の大会では優勝こそないものの、今回県予選の決勝では、

雨試合にも関わらず近大付相手に12トライ74-0で大勝した攻撃力は本物。

これまで7校しかできていない大会連覇に挑戦する東海大仰星。

そのため、他の出場校よりもより高いモチベーションで大会に臨んでくるでしょう。

東福岡(福岡)

2016年を最後に優勝こそありませんが過去優勝回数は6回を数え、

近年でも昨年の選抜大会で優勝を収めています。

今年の選抜大会でも決勝進出を決めていたのですが、新型コロナウイルスの影響で、

残念ながら決勝を辞退しているものの、実力的には間違いなく今大会でもトップクラスと言えるでしょう。

しかし、近年優勝の実力はありながらも、全国大会でのゲームメイクが上手く行っていないのが印象的。

高校日本代表候補でありセブンズユーズアカデミ―にも参加している、

高本とわ選手のゲームメイクに大注目の大会です。

高本とわ選手は現在怪我で出場が危ぶまれておりますが、

急ピッチで調整して、なんとか大会に間に合わせてほしいところです。

筆者優勝予想

3校の中から1校を挙げるとするならば、この中では東福岡が実力的に頭1つ抜けています。

フォワードの運動量、前に出る前進力、そして、バックスの横への展開は頭1つリードしているように見えます。

そして、1人1人がしっかり前に出てタックルを決めるディフェンスもレベルが高く、

大学生とも戦えるチーム力を持っています。

今大会の優勝候補は報徳学園、東海大付属大阪仰星、東福岡の3校で、

その中から筆頭を挙げるのならば東福岡でしょう。

選抜大会決勝での途中棄権した悔しさを晴らすのか、要注目です。

第102回全国高校ラグビー大会出場校一覧とシード校

第102回全国高校ラグビー大会出場校一覧は以下の通りです。

今大会は全51チームの参加になります。

南北海道代表の立命館慶祥は大会初出場と言うことで、

今大会でどれだけ勝ち上がれるのか注目されています。

都道府県学校名出場回数花園での戦績
北北海道北見北斗13大会ぶり38回目
南北海道立命館慶祥初出場
青森青森山田4大会連続4回目
岩手黒沢尻北3大会連続8回目
宮城仙台育英27大会連続29回目
秋田秋田工3大会連続70回目
山形山形南5大会ぶり3回目
福島勿来工25大会ぶり6回目
茨城茗渓学園11大会連続28回目
栃木国学院栃木23大会連続28回目
群馬明和県央2大会ぶり9回目
埼玉昌平3大会連続4回目
千葉流通経大柏28大会連続30回目
東京第1国学院久我山2大会連続43回目
東京第2目黒学院3大会連続21回目
神奈川東海大相模2大会ぶり10回目
山梨日川17大会連続52回目
新潟開志国際3大会連続3回目
長野岡谷工2大会ぶり32回目
富山富山第一4大会連続14回目
石川日本航空石川18大会連続18回目
福井若狭東7大会連続34回目
岐阜岐阜工5大会ぶり19回目
静岡東海大静岡翔洋2大会ぶり12回目
愛知中部大春日丘10大会連続12回目
三重朝明11大会連続13回目
滋賀光泉カトリック4大会連続12回目
京都京都成章9大会連続15回目
大阪第1常翔学園8大会連続41回目
大阪第2大阪桐蔭2大会連続16回目
大阪第3東海大大阪仰星4大会連続22回目
兵庫報徳学園7大会連続48回目
奈良天理4大会ぶり64回目
和歌山近大和歌山2大会連続4回目
鳥取倉吉東5大会ぶり12回目
島根石見智翠館32大会連続32回目
岡山倉敷2大会連続2回目
広島尾道16大会連続17回目
山口大津緑洋3大会連続32回目
徳島城東6大会連続16回目
香川高松北4大会ぶり14回目
愛媛松山聖陵4大会連続7回目
高知高知中央4大会連続8回目
福岡東福岡23大会連続33回目
佐賀佐賀工41大会連続51回目
長崎長崎北陽台5大会連続21回目
熊本熊本工3大会ぶり29回目
大分大分東明2大会ぶり3回目
宮崎高鍋12大会連続30回目
鹿児島加治木工44大会ぶり4回目
沖縄名護2大会ぶり20回目

※リンク先にチーム情報詳細あり。

第102回全国高校ラグビー大会シード校

第102回全国高校ラグビー大会に出場するシード校は以下の通りです。

前回大会まで東西でシード校数を同じにしていましたが、今大会からは東西の指定はなくなりました。

シード校一覧
都道府県出場校出場歴
Aシード
兵庫報徳学園7大会連続48回目
福岡東福岡23大会連続33回目
Bシード
栃木国学院栃木23大会連続28回目
千葉流経大柏28大会連続30回目
神奈川東海大相模2大会ぶり10回目
愛知中部大春日丘10大会連続12回目
京都京都成章9大会連続15回目
大阪1常翔学園8大会連続41回目
大阪2大阪桐蔭2大会連続16回目
大阪3東海大大阪仰星4大会連続22回目
奈良天理4大会ぶり64回目
佐賀佐賀工業41大会連続51回目
長崎長崎北陽台5大会連続21回目

第102回全国高校ラグビー大会注目選手

近年、レベルが高くなった高校ラグビー全国大会で注目された選手は、

大学生になってもエース級の存在として活躍する選手も多いためチェックしておきましょう。

今大会注目の選手を何人かご紹介します。

伊藤利江人(報徳学園)

伊藤利江人選手は今年の報徳学園優勝の鍵を握る選手といってもよいでしょう。

スピーディーな動きと早いパスは、プロレベルで既に高校生レベルではありません。

超攻撃的なプレーは実の父であり、

明治大学・日本代表・海外リーグでも活躍した実績をもつ伊藤宏明氏そっくりです。

将来有望な2世選手ということもあり、注目されています。

森山飛翔(京都成章)

森山飛翔選手は京都成章のプロップであり高校日本代表候補でもある注目選手です。

180センチ、107キロの恵まれた体格と体幹の強さを活かし相手を吹っ飛ばす力強さが特徴です。

力強さだけではなく、ディフェンスとの接点ギリギリで精度の高いパスを放ることもできる器用さも持ち合わせます。

京都成章が準優勝した100回大会にも1年生の時に出場しており、

3年生になった今大会で悲願の初優勝を達成し、ネクストステージへの弾みを付けたいですね。

物部耀太郎(中部大春日丘)

愛知・中部大春日丘のロックである物部耀太郎選手は1年生の時から同校OBの日本代表である、

姫野和樹選手の再来と言われている逸材です。

今大会は主将としてまずは悲願の8強入りを目指します。

プレー中の運動量は非常に多く、チームの支柱的存在です。

物部耀太郎選手の仕事量で勝敗が決まると言っても過言ではないでしょう。

ちなみに筆者も愛知県出身ですから、物部耀太郎選手には大きく期待しております!!

松沼寛治(東海大大阪仰星)

なんといっても人気テレビ番組のミライモンスターに出演したことで、高校ラグビー界きっての有名人となった松沼寛治選手

プレーヤーとしてもスピード溢れる突破力を持ち味とするフランカーで、

昨年2年生で全国大会優勝を経験しているなど経験も豊富な選手です。

今大会も連覇を狙うチームの主将として注目が集まることは間違いありません。

高校最後の今大会でミライモンスターが大暴れします。

まとめ

・第102回全国高校ラグビー大会優勝候補は報徳学園、東海大付属大阪仰星、東福岡の3校。

・第102回全国高校ラグビー大会出場校は51校。南北海道代表の立命館慶祥は大会初出場。

・第102回全国高校ラグビー大会注目選手は伊藤利江人選手(報徳学園)、森山飛翔選手(京都成章)、物部耀太郎選手(中部大春日丘)、松沼寛治選手(東海大大阪仰星)の4人。

以上が今回のまとめになります。

2022年12月27日(火)〜2023年1月7日(土)にかけて花園ラグビー場にて熱戦の火ぶたが切って落とされる、

第102回全国高校ラグビー大会。

今から楽しみで仕方がありませんね。

3年生は高校生活最後の集大成、1・2年生は3年生と一緒に試合が出来る最後の大会として、

胸に秘めた思いがあるはずです。

ノーサイドになるまで、悔いなく力を振り絞って走り抜いてほしいと願います。

頑張れ!!高校生!!

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

第102回全国高校ラグビー大会はスカパー!J SPORTSでも全試合生中継!

 

インコ3兄弟
インコ3兄弟

最後まで読んでくれてありがとなんだぜ!

タイトルとURLをコピーしました