50代女性の顔が大きい人やぽっちゃり丸顔に似合う髪型は?ロング/セミロングから

生活
生活のあれこれ

50代女性で顔が大きいことや丸顔のコンプレックスを持っている方は多いと思います。

友達みんなで撮った集合写真を見たときに「あれ…?私顔が大きい?」なんて1度気になり始めると、

どうにかしてカバーしたい!と思うのが女心です。

幼い印象の丸顔も年齢や髪質とは合わなくなってきた気がして、

なんとかすっきりとした大人の雰囲気に近づけたいものですよね。

今回は、

  • 50代女性の顔が大きい人に似合う髪型はある?
  • 顔が大きいのをカバーできるロングは?
  • 顔が大きいのをカバーできるセミロングは?
  • 丸顔をカバーできるロングは?
  • 丸顔をカバーできるセミロングは?

をご紹介したいと思います!

顔が大きいことや丸顔の印象も、髪型を変えることで和らげることができますよ。

そのポイントやオーダー方法をみていきましょう!

50代女性の顔が大きい人に似合う髪型

50代女性の髪はホルモンバランスが変わる影響もあって、パサパサと乾燥することがあります。

また若いころはなかったクセが出てきてしまい、髪がうねりやすくなることも。

デリケートな50代女性の髪にやさしく、さり気なく小顔も目指せる、そんなお得な髪型を見つけました。

ロングとセミロングを両方の髪形でみていきましょう。

50代女性の顔が大きい人に似合うロングヘア

50代女性で顔が大きいのが気になるあなたに、おすすめなロングのポイントはこちらです。

美容院でオーダーする際はこのポイントをおさえてみて下さいね!

 

  • すそに軽いレイヤーを入れ髪に軽やかな躍動感を出す
  • 顔まわりにもレイヤーを入れ小顔効果抜群の「ひし形」フォルムに
  • 重めの毛先で髪が豊かな印象を
  • 前髪は横にサラッと自然に流すななめ前髪で

 

ロングはとにかく重心が下に行きがちで、重い印象を与えてしまうことが多くあります。

またトップがぺたんこになりやすく、疲れたり老けたりして見られることも。

そんなデリケートな髪全体にレイヤーを入れて軽くし過ぎてしまうと、

髪がパサパサとまとまりにくくなってしまい、疲れた様子になってしまいます。

そこでレイヤーは毛先がスカスカにならない程度ですそに入れ、髪に軽やかな動きを出しやすくしましょう。

トップから耳のあたりまでは「面」を意識して厚めに量を残してあげると、若々しいツヤ感とボリュームを演出できます。

髪の重さでトップがぺたんこにならないよう、ふんわりとセットすることも忘れないでくださいね。

顔周りにも軽いレイヤーを入れて、「ひし形」を意識した髪型にするのもおすすめですよ。

顔周りにポイントを作ると、そこに目線が集まり、顔の引き上げ効果につながります。

お肌のたるみはイヤなものですが、

顔周りのレイヤーにはたるみを感じさせなくする効果もあるので、取り入れたいポイントですね。

前髪は自然に横に流すようなスタイルにすると、さりげなく肌面積を減らすこともできますよ。

軽く目にかかるような流れる前髪は、あなたの大人の魅力をアップしてくれそうです。

50代女性の顔が大きい人に似合うセミロング

女性らしい印象はそのままで、ロングよりかはお手入れが簡単なセミロング。

こちらもロングと同じように小顔効果バツグンのひし形シルエットがおすすめです。

全体的にのっぺりとした印象になるとより大きな顔が目立ってしまうこともあり得ます。

そうならないよう、動きを出やすくするためにも毛先にカールをつけてあげましょう。

セットするのが面倒なあなたはワンカールのパーマをかけてもらうと毎朝のスタイリングがすごく楽ですよ。

朝起きて全体を軽く整え毛先にオイルを付けたあと、手ぐしでなじませながらドライヤーで乾かすだけでOKです。

 

どちらの髪型にも共通するのは、毛先に動きを出し、髪をふんわりとボリュームアップさせること。

顔回りが華やかになると、それだけでグンとおしゃれにアカ抜けること間違いなしです

いつものシンプルな服も、髪がきれいだとそれだけでキマって見えるから不思議。

「髪は顔の額縁」という言葉もありますから、いつでも美しくキープしておきたいですね!

50代女性の丸顔の人に似合う髪型

年齢を重ねるとショートカットやボブなど、短いヘアスタイルをする方が多くなりますよね。

ていねいにお手入れされたロング・セミロングは、50代女性の中でも目立ちやすく、それだけ印象に残りやすいヘアスタイルですよ。

丸顔が気になる50代女性に似合うロングヘアのポイントは何でしょうか?

ロングヘアよりお手入れが簡単なセミロングもあわせてみていきましょう。

50代女性の丸顔の人に似合うロングヘア

50代女性で丸顔が気になるあなたに、おすすめなロングのポイントはこちらです。

 

  • 毛先にカールなどで動きを出し、ふんわり華やかなボリューム感
  • 分け目をなくしてぺったんこを軽減
  • 前髪はややおでこが見えるようにすると縦長効果
  • 縦長なひし形シルエットで丸顔を和らげる

 

「ただ伸ばしただけ」のロングは、50代女性を疲れた印象に見せてしまいます。

ストンとおちるストレートロングよりかは、

毛先にカールなどの動きをつけて軽やかなイメージを取り入れてみましょう。

レイヤーを入れて躍動感を出すのもおすすめですが、

入れ過ぎてしまうと髪全体がパサパサした感じになってしまうため、あまりたくさんは入れないよう調整してくださいね。

「面」を意識するとツヤ感や、毛量が豊かでフェミニンなイメージを手に入れられます。

その際トップにはふんわりとボリュームを出しサイドをすっきり見せる、やや縦長シルエットに仕上げましょう。

サイドの髪で顔の横幅をカバーするだけでグンと縦長な印象になりますよ。

分け目はくっきりとクセがついてしまっていると老けた感じがするので、あえて分け目はぼやかしておきます。

 

前髪はおろしても、横に流してもどちらでもお好みで大丈夫ですが、その時におでこをチラ見せするのがポイント。

おでこを少しでも露出させることで、顔に縦長の印象が加わるので、簡単ですがおすすめのテクニックです。

髪がきれいだと清潔感を感じますし、ていねいな生活をしているイメージにつながりますよね。

美容に気を遣っている様子は同性から見ても憧れの対象となるでしょう。

ぜひ美容院でのオーダーの際の参考にしてみて下さいね。

詳細は画像をクリック

50代女性の丸顔の人に似合うセミロング

セミロングも女性らしくも軽やかなイメージがとてもすてきですよね。

ロングより親しみやすい雰囲気をつくることもできます。

 

セミロングのポイントはサイドや首にかかるラインを流れるようにカットすること。

そうすることで全体的に軽いイメージに近づけることができます。

そして強く巻いた毛先は若作りの印象が否めませんが、

ゆるくランダムに巻くことで大人のリラックス感ただよう洗練されたヘアスタイルになります。

ロング同様、セミロングも髪自体の重さではつぶれやすいのが難点ですが、

パーマをかけるとボリュームアップにも楽ちんなお手入れにも効果大です。

丸顔の印象を和らげるために、前髪やサイドの髪が顔にかかるようにカットやパーマで

流れるような毛流れをつくるのがいいでしょう。

 

肌の面積を減らし、お肌のリフトアップ効果も同時にねらえるお得なヘアスタイルです。

きれいな髪は女性をより若く見せるので、手間を掛ける美容ポイントとして効率的ですよね!

 

まとめ

50代女性で顔が大きいことや顔が丸いことが気になるあなたへ、

洗練されたロングやセミロングの髪形をご紹介しました。

写真にもあるモデルの草間淑江さんのヘアスタイルもすてきですよね。

ていねいにお手入れされたつややかな髪からは、ナチュラルな印象と大人の余裕を感じます。

顔が大きいことや丸顔なのは、骨格の問題でもあるので直しようがないのが悲しいところですが、

ヘアスタイルで印象を変えることができることが分かりました。

私も顔が大きいことが悩みですが、

セミロングまで伸ばして小顔を目指してみたいなと前向きな気持ちになれました!

あなたを1番輝かせ、自分に自信が持てるヘアスタイルに出会えますように!

 

タイトルとURLをコピーしました