カマラハリス米上院議員の評判は?年齢や政策・経歴・夫や家族などプロフィールをまとめ

広告
人物

2020年11月3日に行われるアメリカの大統領選挙で、トランプ現大統領が所属する共和党と対立する民主党の候補指名を確実としている、

ジョー・バイデン氏が副大統領候補としてカマラ・ハリス(Kamala Harris)上院議員(カリフォルニア州選出)を選んだことが分かりました。

 

こんにちは。『curiousNOSTALGHIA』管理人の「のす太」です。ページをご覧いただきありがとうございます!

インコ3兄弟
インコ3兄弟

「curiousNOSTALGHIA」のご意見番、インコ三兄弟なんだぜ!

アメリカは今年、大統領選挙も控えているんだよな!

大変なことが次々起こっているし、どうなるんだろう?!

 

この選挙でバイデン氏が大統領になり、カマラ・ハリス(Kamala Harris)上院議員が副大統領となれば、

アメリカ史上初の女性副大統領が誕生することにもなり、注目が集まっています。

 

そこで今回は、このアメリカ史上初の女性副大統領となるのかが注目される、カマラ・ハリス(Kamala Harris)上院議員について、

評判や政策、年齢・経歴・夫や家族などプロフィールをまとめていきます。

カマラハリス米上院議員の評判は?政策についても

評判

カマラハリス米上院議員の評判にはどういったものがあるのでしょうか?

地方検事時代には、ロサンゼルス・デイリー・ジャーナル(英語版)の誌上にて、カルフォルニアの法曹トップ100人の中に選ばれていますので、

検事としての評価は相当高かったようですね。

その他、SNSへの書き込みから抜粋してみました。

インコ3兄弟
インコ3兄弟

トランプ大統領が言うくらいだから、リベラルなのは間違いないんだろうぜ。

政策

2016年上院議員に選出されたハリス氏は、同日の大統領選で勝利したドナルド・トランプの政策から、移民を守ることを誓約しています。

また2018年5月には、大麻使用の合法化を目指す法案(大麻公正法)の共同提案者に加わったほか、

2019年1月に出版した書籍でも大麻の合法化を主張し、大麻使用に関するスタンスを明確化しています。

サンフランシスコ地方検事時代には、麻薬密売の初犯者に対し、高校卒業と就職の機会を与えるプログラムを始め

参加者は8年間で300名に満たなかったものの、きわめて低い再犯率を達成していますので、当時から薬物に対する政策には関心が高いようですね。

インコ3兄弟
インコ3兄弟

大麻の合法化を主張しているというのは、日本人からするとびっくりなんだぜ。

カマラハリス米上院議員の年齢・経歴・夫や家族などプロフィール

生年月日:1964年10月20日(2020年56歳)

出身:カリフォルニア州オークランド

夫:弁護士のダグラス・エムホフ氏(2020年56歳)

母親:シャーマラ・ゴーパーラン・ハリスは、チェンナイ出身のタミル系インド人で、著名な乳がん研究者、1960年にアメリカに移民しています。

父親:父親のドナルド・ハリス(Donald Harris)は、ジャマイカ人の移民で、カルフォルニア大学バークレー校で経済学を学ぶため1961年に渡米、その後スタンフォード大学の経済学教授になりました。

妹:マヤ・ハリスは、現在弁護士で社会運動家をしています。

学歴:モントリオールのウェストマウント高校卒業/ワシントンD.C.のハワード大学(政治学と経済学を専攻)卒業/カリフォルニア大学ヘイスティングス・ロー・スクール

1989年:法務博士号(J.D.)取得/1990年:カリフォルニア州の法曹資格を取得

経歴:(1990年~1998年)カリフォルニア州アラメダ郡の地方検事補/1998年:サンフランシスコ地方検察局に赴任/

2003年:サンフランシスコ地方検事

2011年:カルフォルニア州司法長官に就任(初の女性、初のアフリカ系、初のインド系)/2014年:再選

2016年:上院議員に選出

カマラハリス米上院議員についてまとめ

ここまで、

2020年11月3日に行われるアメリカの大統領選挙で、トランプ現大統領が所属する共和党と対立する民主党の候補指名を確実としている、

ジョー・バイデン氏が副大統領候補としてカマラ・ハリス(Kamala Harris)上院議員(カリフォルニア州選出)を選んだことを受け、

このアメリカ史上初の女性副大統領となるのかが注目される、カマラ・ハリス(Kamala Harris)上院議員について、

評判や政策、年齢・経歴・夫や家族などプロフィールをまとめてきました。

 

カマラハリス米上院議員は1964年10月20日生まれ、今年の誕生日で56歳になります。

出身はカリフォルニア州オークランドで、夫のダグラス・エムホフ氏は弁護士です。

1990年にカリフォルニア州の法曹資格を取得後は、カリフォルニア州アラメダ郡の地方検事補/ササンフランシスコ地方検事、

カルフォルニア州司法長官を務め、2016年に上院議員に選出されました。

上院議員に選出されたハリス氏は、同日の大統領選で勝利したドナルド・トランプの政策から、移民を守ることを誓約しており、

人種差別や人権の問題や、大麻や薬物に対する政策に関心が高いようです。

トランプ現大統領は彼女について、

「上院で一番意地悪く、恐ろしくそして失礼な人物である。また、彼女は、上院で一番リベラルな人物として知られている。」

と述べたとされており、意地悪く失礼はともかく「上院で一番リベラル」であるのは、間違いないのかもしれませんね。

インコ3兄弟
インコ3兄弟

最後まで読んでくれて、ありがとなんだぜ!

11月3日の大統領選で誰が選ばれるのか?オレたちも注目なんだぜ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました