古賀稔彦さんの死因はがん?いつから闘病していたのかも調査

1992年(平成4年)のバルセロナ五輪柔道男子71キロ級金メダリストで「平成の三四郎」とも言われた

柔道家の古賀稔彦氏が53歳で亡くなられたことが発表されました。

 

こんにちは。『curiousNOSTALGHIA』管理人の、のす太です。 ページをご覧いただきありがとうございます!

インコ3兄弟
インコ3兄弟
「curiousNOSTALGHIA」のご意見番、インコ三兄弟なんだぜ!
そういえば最近姿を見ていなかったけれど、驚いたんだぜ!

柔道選手として大きな功績を残し、近年は古賀塾塾長、医学博士として、全国で講演などを行っていたといいます。

報道には、「病気のため」「がんの闘病をされていた」と書かれているものもありましたが、

ほとんどは亡くなられた直接の原因やどういった癌だったのかについての言及がありません。

 

古賀稔彦さんの死因はがんだったのでしょうか?いつから闘病されていたのか?についても調べていきます。

古賀稔彦さんの死因は癌?

古賀稔彦さんがお亡くなりになられた原因について、一部では「病気により」としている報道があるだけで、

当初詳しい病名など、死因については発表されていませんでしたが、その後「がんで闘病されていた」という報道が続きました。

 

古賀稔彦さん癌の闘病はいつから?

どういった癌であったのか、またいつから闘病されていたのかについての報道は今のところありません。

ただツイッターでは、昨年の12月に「古賀さんが痩せた?」という声が見られ、変化を感じている方もいました。

令和2年11月1日より無期限休塾のお知らせ まだまだ終息が見えない新型コロナウィルスによって日常生活では三密を避けマスク着用などが続いております。 また世界各国では更なる感染拡大となってきております。このような状況から濃厚接触となる柔道は…

古賀塾さんの投稿 2020年11月1日日曜日

 

インコ3兄弟
インコ3兄弟

古賀塾も昨年の11月から無期限の休塾に入っていたんだな。

そのころから体調が悪かったのかもしれない。

まとめ

ここまで、

1992年(平成4年)のバルセロナ五輪柔道男子71キロ級金メダリストで「平成の三四郎」とも言われた

柔道家の古賀稔彦氏が53歳で亡くなられたとの報道を受け、

古賀稔彦さんの亡くなられた理由や病名、闘病されていたのか?など調べてきました。

報道によると古賀稔彦さんは「病気のため」お亡くなりになられたとのことで、

直接の死因であるのかは発表されていませんが、以前から癌の闘病を続けておられたそうです。

どういった癌であったのかは分かっていませんが、53歳とお若いこともあり、病気の進行も早かったのかもしれませんね。

東京オリンピックも目前に控え、後進の指導にもあたってきているでしょうから、なんとも残念です。

ご冥福をお祈りいたします。

タイトルとURLをコピーしました