2023WBC侍ジャパン残りのメンバー予想!日本代表選手発表はいつ?

スポーツ・オリパラ
スポーツ

野球の世界一を決める大会、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)が

2023年3月8日(水)から2023年3月21日(火)に開催されます。

いつもこのサイトをご覧になっていただいている、

スポーツが好きな皆様も気になる大会の1つではないでしょうか?

第1・2回と連続優勝を果たした日本代表(通称:侍ジャパン)ですが、

それ以降はベスト4止まりと結果を残すことが出来ていません。

今回の第5回WBCでは、過去に北海道日本ハムファイターズを長年に及び率いた名監督・栗山英樹を指揮官に据え、

一番の教え子であり、今やメジャーリーグを代表するプレイヤーの大谷翔平を軸に

優勝トロフィーの奪回を目指します。

2023年1月14日(土)現在、代表入りが確定しているのは以下24名の選手ですが、

背番号名前ポジションチーム投打生年月日
2源田 壮亮内野手埼玉西武ライオンズ右投左打1993/2/16
3牧 秀悟内野手横浜DeNAベイスターズ右投右打1998/4/21
8近藤 健介外野手・捕手福岡ソフトバンクホークス右投左打1993/8/9
10甲斐 拓也捕手福岡ソフトバンクホークス右投右打1992/11/5
11ダルビッシュ 有投手サンディエゴ・パドレス右投右打1986/8/16
12戸郷 翔征投手読売ジャイアンツ右投右打2000/4/4
14佐々木 朗希投手千葉ロッテマリーンズ右投右打2001/11/3
16大谷 翔平投手・外野手ロサンゼルス・エンゼルス右投左打1994/7/5
18山本 由伸投手オリックス・バファローズ右投右打1998/8/17
21今永 昇太投手横浜DeNAベイスターズ左投左打1993/9/1
51鈴木 誠也外野手シカゴ・カブス右投右打1994/8/18
55村上 宗隆内野手東京ヤクルトスワローズ右投左打2000/2/2
未定ラーズ・ヌートバー外野手 セントルイス・カージナルス 右投左打 1997/9/8
未定周東佑京内野手・外野手 福岡ソフトバンクホークス 右投左打1996/2/10 
未定山田哲人内野手東京ヤクルトスワローズ右投右打1992/7/16
未定栗林良吏投手広島東洋カープ右投右打1996/7/9
未定山川穂高内野手埼玉西武ライオンズ右投右打1991/7/9
未定吉田正尚外野手ボストン・レッドソックス右投左打1993/7/5
未定中村悠平捕手東京ヤクルトスワローズ右投右打1990/6/17
未定宮城大弥投手オリックス・バファローズ左投左打2001/8/25
未定伊藤大海投手北海道日本ハムファイターズ右投左打1997/8/31
未定松井裕樹投手東北楽天ゴールデンイーグルス左投左打1995/10/30
未定大勢投手読売ジャイアンツ右投右打1999/6/29
未定湯浅京己投手阪神タイガース右投右打1999/7/17

その他にもどの選手がいつ?どのような人選になるか気になる方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回の記事では、

・2023WBC侍ジャパン残りのメンバー予想

2023WBC侍ジャパン残りのメンバー発表はいつ?

を徹底解剖いたします。

ここでしか知ることの出来ない情報もあるかもしれませんので、

要チェックです!!

 

2023WBC侍ジャパン残りのメンバー予想!

2023WBC侍ジャパン残りのメンバー予想ですが、

今回のWBCは、登録選手枠が30人に拡大しましたので、

先行発表された24名を除く、残り6名を私がピックアップしてみました。

WBC日本代表招集メンバー予想

以下のメンバーは先行発表された24名を除く6名となります。

背番号名前ポジションチーム投打生年月日
未定與座海人投手埼玉西武ライオンズ右投右打1995/9/15
未定髙橋宏斗投手中日ドラゴンズ右投右打2002/8/9
未定坂倉将吾捕手・内野手・外野手広島東洋カープ右投右打1998/5/29
未定浅村栄斗内野手東北楽天ゴールデンイーグルス右投右打1994/7/5
未定中野拓夢内野手阪神タイガース右投左打1994/7/5
未定塩見泰隆外野手東京ヤクルトスワローズ右投右打1993/7/5

投手は変則タイプのリリーフと未来の侍ジャパンを担う逸材が必要と考え、

短期決戦には機動力を使った野球が効果的なので、

野手は打つだけではなく、走れる選手を中心に招集されるであろうと想定すると、

以上のメンバーが招集されるのではないかと思います。

その中でも、野手で特に招集してほしいのは東京ヤクルトスワローズ所属の

塩見泰隆(しおみ・やすたか)です。

ここ数年、走・攻・守で安定した成績を残して一流プレイヤーの仲間入りを果たしており、

招集されれば、このWBCでの大舞台でもラッキーボーイ的なポジションになってくれるでしょう。

投手では西武ライオンズの與座海人(よざ・かいと)です。

外国人選手が打ちづらいとされているアンダーハンドの投手で、

コントロールとマウンド度胸も良く、投球テンポも速くて相手打者もタイミングを取りづらいため、

ピンチの場面でのリリーフ起用に期待したいです。

同じく投手である、中日ドラゴンズ所属の高橋宏斗(たかはし・ひろと)は先発投手として、

常時150キロ中盤を計測するストレートと鋭く落ちるフォークが武器の選手です。

MLBで活躍しているマエケンこと前田健太(まえだ・けんた)も大絶賛する逸材で、

今回のWBCで経験を積ませることで世界で通用する投手に成長するためにも、

必ず招集して欲しい選手の一人です。

2023侍ジャパン残りのメンバー発表はいつ?

さて、2023WBC侍ジャパン残りのメンバー発表はいつになるのかというと、

日刊スポーツの記事曰く、

残りのメンバーを含めた、最終メンバーの30人は1月下旬に発表されるそうです。

侍ジャパン栗山英樹監督(61)が6日、都内のホテルで会見を行い、エンゼルス大谷翔平投手(28)ら先行メンバー12人を発表。

残り18人になった最終メンバー30人は、1月下旬に発表される予定。

引用元:日刊スポーツ

※2023年1月14日(土)現在、代表入りが確定しているのは24名の選手なので、残りは6名。

現在内定が出ている選手も予期せぬ怪我やアクシデントがあれば、出場自体をせざるを得ません。

全く誰もが予想できない選手が選出される可能性もあります。

どのような人選になるのか、今から1月下旬が待ちどうしいですね。

まとめ

・2023WBC侍ジャパン残りのメンバー6人は、投手は変則タイプのリリーフと未来の侍ジャパンを担う逸材、

野手は打つだけではなく、走れる選手を中心に招集されるであろうと想定。

・必ず招集して欲しい筆者の推し選手は塩見泰隆、與座海人、高橋宏斗の3名。

・2023WBC侍ジャパン残りのメンバー6人を含めた全30人の発表時期は、1月末になる予定。

以上が今回のまとめになります。

 

今回の記事を書き始めた時は先行発表メンバーは12名でしたが、

記事を書き終える頃には24名の選手が2023WBC侍ジャパン入りを決定しておりました。

…自分の仕事の遅さに嫌気が差してきますね(笑)

そんな冗談はさておき、野球ファンの皆様は今頃、自分が監督になったつもりで、

どの選手を招集されるのか?どんな選手を使えば勝てるのか?と、

考察しながら楽しむ方も多いのではないでしょうか。

今月末にはその答え合わせが出来ますので、今から約2週間楽しみながら待ちましょう!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

インコ3兄弟
インコ3兄弟

最後まで読んでくれてありがとなんだぜ!

みんなも予想してみてほしいんだぜ!

タイトルとURLをコピーしました