全国高校駅伝2022男子優勝候補はどこ?出場校エントリー一覧/注目選手も紹介

スポーツ・オリパラ
スポーツ

第73回全国高等学校駅伝競走大会が2022年12月25日(日)に開催されます。

コースは、たけびしスタジアム京都を12:30にスタートし、

再びたけびしスタジアム京都に帰ってきます。

区間と距離は以下の通りです。

42.195㎞(フルマラソン)
第1区 10㎞

第2区 3㎞
第3区 8.1075㎞
第4区 8.0875㎞
第5区 3㎞
第6区 5㎞
第7区 5㎞

各都道府県の予選会で優勝した1校が出場

昨年の優勝校は、広島/世良高校でした。

現在2連覇中でもあり、第1回・第2回大会の初代優勝校でもあります。

2021年で11度目の優勝と、歴代最高優勝回数を達成しています。

今年はどこが優勝するのでしょうか。

そこで今回は、今年の優勝校を予想してみました。

出場校や注目選手もまとめています。

 

この記事では、

  • 全国高校駅伝2022男子優勝候補
  • 全国高校駅伝2022男子出場校エントリー一覧
  • 全国高校駅伝2022男子注目選手

などについてまとめています。

全国高校駅伝2022男子優勝候補はどこ?

2022年大会の優勝候補に挙がっているのは、長野/佐久長聖高校です。

今年は、どのチームも有力ランナーがいて優勝候補を上げるのが難しいですが、強いて言えば、佐久長聖高校といった感じです。

絶対的エース吉岡大翔選手が、どんな走りを見せてくれるかで、その後のタスキリレーの勝敗が分かれそうです。

下級生も実力が高いので、注目されています。

 

次に、岡山/倉敷高校も優勝が狙えるチームです。

予選は2時間3分14秒で、出場校の中でトップタイム

南坂柚汰選手が安定した走りを見せてくれるはず、留学生の活躍にも目が離せません。

全国高校駅伝2022男子出場校エントリー一覧

出場校は、各都道府県から1校ずつの47チームです。

地区学校名出場回数
北海道札幌山の手4年連続14回目
青森県青森山田7年連続28回目
岩手県一関学院28年連続32回目
宮城県仙台育英9年連続33回目
秋田県秋田工業10年連続28回目
山形県東海大山形6年連続20回目
福島県学法石川12年連続14回目
茨城県水城14年連続17回目
栃木県佐野日大5年ぶり19回目
群馬県東農大二4年連続31回目
埼玉県埼玉栄6年ぶり42回目
千葉県八千代松陰5年連続15回目
東京都城西大城西初出場
神奈川県川崎橘初出場
山梨県山梨学院12年連続22回目
新潟県十日町27年ぶり13回目
長野県佐久長聖25年連続25回目
富山県高岡向陵3年連続22回目
石川県遊学館14年連続15回目
福井県敦賀気比4年連続4回目
静岡県藤枝明誠13年ぶり10回目
愛知県名経大高蔵初出場
三重県伊賀白鳳2年連続33回目
岐阜県大垣日大初出場
滋賀県滋賀学園5年連続15回目
京都府洛南8年連続29回目
大阪府清風2年連続17回目
兵庫県西脇工2年33回目
奈良県智辨カレッジ6年続6回目
和歌山県智辨和歌山2年ぶり3回目
鳥取県八頭初出場
島根県平田3年連続3回目
岡山県倉敷45年連続45回目
広島県世羅19年連続52回目
山口県西京30年連続35回目
香川県小豆島中央7連続7回目
徳島県つるぎ3年連続31回目
愛媛県今治北2年連続18回目
高知県高知農業2年連続46回目
福岡県福岡第一初出場
佐賀県鳥栖工業13年連続47回目
長崎県瓊浦7年ぶり6回目
大分県大分東明12年連続21回目
熊本県熊本工業25年ぶり16回目
宮崎県小林2年ぶり58回目
鹿児島県出水中央2年連続2回目
沖縄県北山4年連続11回目

常連校が並ぶ中、6校が初出場です。

男子は、予想ができない展開が多いので見るのも楽しみですね。

全国高校駅伝2022男子注目選手

2022年の注目選手3名を紹介します。

倉敷/南坂柚汰(3年)

倉敷高校は、駅伝でも常連の強豪校です。

そのため有力ランナーが集まっています。

南坂柚汰選手は、副主将を務める絶対的エースで本大会はエース区間の1区を走ると予想されています。

小学校に駅伝の経験があったそうですが、中学校ではそこまで目立った成績はありません。

高校で一気に実力をつけた選手で、今後の成長も期待されている選手です。

佐久長聖/吉岡大翔(3年)

高校5000mの歴代記録保持者

しかも、1年次から3年次まで全て塗り替えています。

見た目も、爽やかでイケメンランナーですね。

2022年のクロスカントリー日本選手権では優勝経験があり、さらにU20日本選手権5000mでも優勝しているランナーです。

おそらく1区で出走すると思われますので、南坂柚汰選手との勝負が見れそうです。

大分東明/ダニエル・ディリツ(3年)

夏のインターハイ5000mの優勝者ホクレンディスタンスチャレンジ5000mで13分台を出して優勝

ダニエル選手は、ケニアからの留学生ランナーです。

ちなみにインターハイ5000mの2位は、倉敷/イマヌエル・キプチルチル選手。

キプチルチル選手も注目されている留学生ランナー

同じ区間で走れば、勝負が見れますね。

大分東明は歴代4位が最高順位で、今年は表彰台を狙っています。

まとめ

今回は、全国高校駅伝2022の優勝候補や出場校についてまとめました。

・2022年12月25日(日)12:30スタート
・たけびしスタジアム京都スタート&ゴール
・全長42.195㎞を7人で襷を繋ぐ
・優勝候補は、長野/佐久長聖高校と岡山/倉敷高校
・南坂柚汰選手、吉岡大翔選手、ダニエル・ディリツ選手が注目選手

以上のことが分かりました。

高校最後の集大成になる大会です。

天候が気になりますが、選手たちの活躍を応援しましょう。

 

 

インコ3兄弟
インコ3兄弟

最後まで読んでくれてありがとなんだぜ!

タイトルとURLをコピーしました