全国高校駅伝2022女子優勝候補はどこ?出場校エントリー一覧/注目選手も紹介

スポーツ・オリパラ
スポーツ

第34回全国高等学校駅伝競走大会が2022年12月25日(日)に開催れます。

コースは、たけびしスタジアム京都を10:20にスタートし、

再びたけびしスタジアム京都に帰ってきます。

区間と距離は以下の通りです。

21.0975㎞(ハーフマラソン)
第1区 6㎞

第2区 4.0975㎞
第3区 3㎞
第4区 3㎞
第5区 5㎞

各都道府県の予選会で優勝した1校が出場

昨年の優勝校は、宮城/仙台育英でした。

2021年で5度目の優勝と、歴代最高優勝回数を達成しています。

そこで今回は、今年の優勝校を予想してみました。

出場校や注目選手もまとめています。

 

この記事では、

  • 全国高校駅伝2022女子優勝候補
  • 全国高校駅伝2022女子出場校エントリー一覧
  • 全国高校駅伝2022女子注目選手

などについてまとめています。

全国高校駅伝2022男子優勝候補はどこ?出場校エントリー一覧/注目選手も紹介
第73回全国高等学校駅伝競走大会が2022年12月25日(日)に開催されます。 コースは、たけびしスタジアム京都を12:30にスタートし、 再びたけびしスタジアム京都に帰ってきます。 区間と距離は以下の通りです。 42....

全国高校駅伝2022女子優勝候補はどこ?

2022年大会で、優勝候補に挙がっているのは鹿児島県/神村学園です。

予選タイムは、1時間7分28秒で出場校で一番速いです。

予選では、全区間で区間賞を獲得し圧勝でした。

エース留学生カリバ・カロライン選手の活躍と、主将の田島愛梨選手が引っ張っていくでしょう。

4年ぶりに優勝に期待されます。

 

次に、宮城/仙台育英も連覇を狙えると予想できます。

予選タイムは、1時間8分41秒で神村学園の次に速いタイムです。

エースで主将の杉森心音選手を先頭に、壁谷衿奈選手や武田莉奈選手など、レべルの高いランナーが揃っています。

また、ケニアからの留学生デイシー・ジェロップ選手も今年から仲間入り。

男子も出場するので、男女アベック達成に期待です。

全国高校駅伝2022女子出場校エントリー一覧

出場校は、各都道府県から1校ずつの47チームです。

地区学校名出場回数
北海道旭川龍谷11年連続11回目
青森県青森山田30年連続30回目
岩手県花巻東16年ぶり13回目
宮城県仙台育英31年連続31回目
秋田県大曲2年連続8回目
山形県山形城北2年ぶり30回目
福島県学法石川10年連続10回目
茨城県茨城キリスト3年連続25回目
栃木県宇都宮文星女3年連続5回目
群馬県常磐5年連続22回目
埼玉県昌平2年ぶり5回目
千葉県成田2年ぶり11回目
東京都順天2年連続18回目
神奈川県白鵬女2年連続15回目
山梨県山梨学院14年連続22回目
新潟県十日町2年連続4回目
長野県長野東16年連続16回目
富山県富山商31年連続31回目
石川県鵬学園初出場
福井県鯖江4年連続8回目
静岡県日大三島初出場
愛知県豊川3年ぶり13回目
三重県鈴鹿初出場
岐阜県美濃加茂3年連続3回目
滋賀県比叡山10年連続12回目
京都府立命館宇治34年連続34回目
大阪府薫英女学院17年連続17回目
兵庫県西脇工5年ぶり9回目
奈良県智辨カレッジ6年続6回目
和歌山県智辨和歌山3年連続3回目
鳥取県鳥取城北4年連続5回目
島根県平田12年連続14回目
岡山県興譲館24年連続24回目
広島県世羅17年連続17回目
山口県西京6年連続31回目
香川県四学香川西2連続4回目
徳島県徳島北初出場
愛媛県八幡浜16年連続16回目
高知県山田34年連続34回目
福岡県筑波女学園3年ぶり27回目
佐賀県白石3年連続9回目
長崎県諫早4年連続28回目
大分県大分東明8年連続10回目
熊本県ルーテル学院5年ぶり2回目
宮崎県小林4年連続21回目
鹿児島県神村学園7年連続29回目
沖縄県北山2年連続6回目

京都/立命館や高知/山田は開催から連続出場している中、4校が初出場します。

優勝候補の神村学園、仙台育英は常連高校ですね。

全国高校駅伝2022女子注目選手

2022年の注目選手3名を紹介します。

仙台育英/杉森心音(3年)

昨年に引き続き注目されている選手です。

杉森心音選手は、美人で可愛いとも注目されています。

2021年大会では、2区で区間賞を獲得し優勝に大いに貢献しました。

3000mでは9分00秒75。

小柄な体型で涙もろい性格だが、走りになると誰よりも力強く頼もしさを発揮します。

高校卒業後は、日本郵政グループに入社することが分かっています。

実業団での活躍も期待できる選手です。

立命館/細谷愛子(3年)

全中駅伝MVPを2年連続で獲得している美女ランナー

中学時代から注目されていた選手です。

2022年京都府駅伝大会では1区を走り区間賞を獲得

同じ静岡出身の杉森心音選手は、ライバルとして何度も勝負しています。

進路は、まだ分かっていません。

神村学園/カリバ・カロライン(2年)

インターハイで、1500mと3000mの2冠達成した選手です。

ケニアからの留学生、トップクラスのランナー。

同チームの田島愛梨選手も、カリバ・カロラインに離されない気持ちで走っているそうです。

優勝候補にもなっている神村学園で、要になる選手ですね。

最終区5区での起用が見込まれていますが、「笑顔でテープ」を切れるのか注目です。

まとめ

今回は、全国高校駅伝2022の優勝候補や出場校についてまとめました。

・2022年12月25日(日)10:20スタート
・たけびしスタジアム京都スタート&ゴール
・全長21.0975㎞を5人で襷を繋ぐ
・優勝候補は、鹿児島県/神村学園と宮城/仙台育英
・杉森心音選手・細谷愛子選手・カリバ・カロラインが注目選手

以上のことが分かりました。

高校最後の集大成になる大会です。

天候が気になりますが、選手たちの活躍を応援しましょう。

 

全国高校駅伝2022男子優勝候補はどこ?出場校エントリー一覧/注目選手も紹介
第73回全国高等学校駅伝競走大会が2022年12月25日(日)に開催されます。 コースは、たけびしスタジアム京都を12:30にスタートし、 再びたけびしスタジアム京都に帰ってきます。 区間と距離は以下の通りです。 42....
インコ3兄弟
インコ3兄弟

最後まで読んでくれてありがとなんだぜ!

タイトルとURLをコピーしました