2022都道府県対抗女子駅伝兵庫県メンバー一覧!注目選手についても!

オリンピック・パラリンピック
スポーツ

「第40回 皇后盃 全国都道府県対抗女子駅伝競走大会」が、2022年1月17日(日)に開催されます。

「全国女子駅伝」と略され知られてきたこの駅伝大会は、毎年1月の第2日曜日に開催され、

京都市右京区の「西京極陸上競技場」をスタート、

五条通・西大路通・北大路通・堀川通・紫明通・烏丸通・丸太町通・東大路通・今出川通・

白川通・宝ヶ池公園を通って左京区の「国立京都国際会館前」を折返し、

来た道を戻る42.195kmを、全国47の各都道府県ごとに学校や住居、実業団やクラブの本籍地、

所在地のある中学生・高校生・大学生・社会人からなる9人のメンバーで繋ぐということもあり、

応援するほうも、自分にゆかりのある都道府県チームの応援にはついつい身が入ります。

 

またこの大会に出場する選手の中には、翌週開催される「選抜女子駅伝北九州大会」に

一般または高校代表として出場する者もいるなど、これからの活躍に期待がかかる選手ばかり、

メンバーのプロフィールについても注目されます。

また陸上選手にはかわいい方も多いので、そちらにもちょっと注目しちゃいますよね。

 

この記事では、2022年1月17日(日)に開催される「第40回全国女子駅伝」兵庫県チームのメンバーが

どんな選手なのか気になる!という方へ、

  • 2022都道府県対抗女子駅伝兵庫県チームのメンバー一覧
  • 2022都道府県対抗女子駅伝兵庫県チームのメンバーのプロフィールは?
  • 2022都道府県対抗女子駅伝兵庫県チームメンバー注目選手は?

など、まとめていきます。

2022都道府県対抗女子駅伝兵庫県チームのメンバー一覧

太田琴菜(日本郵政グループ)

大西ひかり(日本郵政グループ)

田中希実(豊田自動織機TC)

後藤夢(豊田自動織機TC)

荒井優奈(名城大)

道清愛紗(須磨学園高)

石松愛朱加(須磨学園高)

田村優芽(須磨学園高)

松井晶(西脇工高)

塩崎彩理(西脇工高)

塚本夕藍(荒井中)

吉川菜緒(稲美中)

池野絵莉(太山寺中)

種知里(東光中)

 

監督:浜本憲秀(須磨学園高教)

コーチ:渋谷優美(三木東中教)/毛利忠臣(神吉中教)

2022全国女子駅伝兵庫県チームメンバーの身長や出身校/成績など

社会人(太田琴菜/大西ひかり)

社会人の選手は、太田琴菜さん(日本郵政グループ)、大西ひかりさん(日本郵政グループ)の2名です。

太田選手、大西選手が所属する日本郵政グループは特に兵庫県にゆかりがあるわけではないようですが、

太田選手も大西選手も兵庫県の出身なんですね。

 

太田琴菜選手は、1995年9月25日生まれの26歳。兵庫県出身で 須磨学園高→立命館大学を卒業し、日本郵政グループ女子陸上部に入部。大学1年生の時の「全日本大学女子駅伝」から、大学駅伝3大会連続で区間新を記録するなど、駅伝で多くの区間賞を獲得し活躍してきました。座右の銘は「初志貫徹」。自己記録は、10,000mで32分42秒63。

 

大西ひかり選手は、2000年4月26日21歳。播磨町立播磨中学校→私立須磨学園高等学校を卒業し、かんぽ生命保険に入社、日本郵政グループ女子陸上部に所属しました。高校生時代には1年生から「全国女子駅伝」で7区区間賞を、3年生では6区区間賞の走りを見せ活躍してきました。座右の銘は「妥協しない」。自己記録はハーフマラソンで 1時間11分48秒。

 

大学生(田中希実/後藤夢/荒井優奈)

大学生の選手は、田中希実さん、後藤夢さん(豊田自動織機TC/同志社大学)、荒井優奈さん(名城大)の3名です。

田中希実選手は、1999年9月4日生まれの22歳。身長153㎝、兵庫県の小野市立市場小学校→小野市立小野南中学校→兵庫県立西脇工業高等学校を卒業し、2018年同志社大学スポーツ健康科学部に入学し在学中ですが、「駅伝以外でも活躍したい」とクラブチーム「ND28アスリートクラブ」→「豊田自動織機TC」にも所属しています。1500m:3:59.19(2021.8 東京オリンピック)/3000m:8:41.35(2020.7 ホクレンディスタンスチャレンジ2020深川大会)での日本記録保持者。

 

後藤夢選手は、 2000年2月25日生まれの21歳。身長は同期の田中選手と並ぶと5㎝くらい高いでしょうか?兵庫県加古川市出身で 西脇工業高校を卒業、 同志社大学スポーツ健康科学部に在学しています。田中希実選手と同期の高校時代には、数多くの全国大会で活躍、2015年から3年連続で全国高校駅伝に出場し、2015年4区で区間賞を取るなどしました。自己記録は、3000mSCで 10分52秒99。

 

荒井優奈選手は、 2000年4月26日生まれの21歳。私立啓明学院中学校→私立須磨学園高等学校を卒業し、名城大学法学部法学科に在学し女子駅伝部に所属しています。中学時代から長距離で強さを発揮するようになり、当時県内で最強の中学生ランナーといわれ、須磨学園高に進学てからも駅伝やクロスカントリーで好成績を残しています。自己記録は、ハーフマラソンで 1時間14分45秒。

 

高校生

高校生の選手は、道清愛紗さん(須磨学園高)、石松愛朱加さん(須磨学園高)、田村優芽さん(須磨学園高)、

松井晶さん(西脇工高)、塩崎彩理さん(西脇工高)の5名です。

 

須磨学園高等学校の選手が3名、西脇工業高校の選手が2名、

須磨学園高校は、社会人の太田選手、大西選手、大学生の荒井選手も卒業している高校ということで、

駅伝では名門、2003年と2006年に「全国高等学校駅伝競走大会」で優勝しています。

西脇工業高校もまた、男子ではありますが全国高校駅伝で優勝8回を数え、

歴代2位の記録を持っている名門、

今回出場する大学生:田中選手・後藤選手も西脇工業高校の出身です。

西脇市は「駅伝の街」として全国に知られています。

 

中学生

中学生の選手は、塚本夕藍さん(荒井中)、吉川菜緒さん(稲美中)、池野絵莉さん(太山寺中)、

種知里さん(東光中)の4名です。

2022全国女子駅伝兵庫県チームメンバー注目選手は?

2022全国女子駅伝兵庫県チームメンバー全員注目ですが、なかでもの注目選手はやはり

田中希実(豊田自動織機TC)さんでしょう。

昨年の投票オリンピック1500mでの日本新記録達成も記憶に新しいところで、

今回はどんな走りを見せてくれるのか、楽しみです。

インコ3兄弟
インコ3兄弟

オレたちも注目だ!

まとめ

ここまで、

2022年1月17日(日)に開催される「第40回全国女子駅伝」兵庫県チームのメンバーが

どんな選手なのか気になる!という方へ、

  • 2022都道府県対抗女子駅伝兵庫県チームのメンバー一覧
  • 2022都道府県対抗女子駅伝兵庫県チームのメンバーのプロフィールは?
  • 2022都道府県対抗女子駅伝兵庫県チームメンバー注目選手は?

など、まとめてきました。

兵庫県にゆかりのある中学生から社会人まで9人の選手がたすきをつないで京都の街を駆ける

「第40回 皇后盃 全国都道府県対抗女子駅伝競走大会」は、2022年1月17日(日)12時30分スタート!

NHK総合テレビ(NHKプラス:配信)/NHKラジオ第1で 12時15分~から生中継もされますので、ぜひ応援の参考にしてみてくださいね。

インコ3兄弟
インコ3兄弟

最後まで読んでくれてありがとなんだぜ!

タイトルとURLをコピーしました