全日本女子剣道選手権大会2022出場選手一覧!順位/結果速報も

スポーツ・オリパラ
スポーツ

第61回全日本女子剣道選手権大会が2022年9月4日(日)に開催されます。

会場は、奈良県にあるジェイテクトアリーナ奈良です。

昨年は福岡県の妹尾舞香選手が優勝し、埼玉県の志藤綾子選手が準優勝という結果に終わりました。

新型コロナ感染の関係で無観客開催でしたが、今回は3年ぶりに観客動員して行われます。

会場に観客がいるだけで、選手たちも熱の入り方が違いますよね。

 

この記事では、

  • 全日本女子剣道選手権大会2022出場選手
  • 全日本女子剣道選手権大会2022結果速報

などについてまとめています。

全日本女子剣道選手権大会2022出場選手

各都道府県より、1名~4名が出場します。

どんな選手が、どんな戦いをするのか楽しみですね。

では、出場選手を紹介します。

氏名段位所属
大嶋 友莉亜三段愛知県
佐藤 みのり五段東京都
玉置 万優四段大阪府
峯松 加奈三段大分県
岸野 真知四段宮城県
大西 ななみ五段福井県
田添 千尋四段千葉県
末永 真理六段・錬士和歌山県
細田 琴里三段奈良県
小松 加奈(優)四段青森県
宮沢 彩夏四段埼玉県
中村 日南三段佐賀県
川合 芳奈(3)三段静岡県
古畑 匡希五段長野県
渡邊 茜四段愛媛県
竹中 美帆四段栃木県
志藤 綾子(2)五段埼玉県
岩田 茉子四段愛知県
水川 晴奈三段岡山県
宮城 瑠佳四段沖縄県
笠 日向子三段茨城県
北井 真結五段大阪府
米良 加奈子四段宮崎県
レヴィン小倉 名峰美三段岩手県
相場 葵三段新潟県
山田 あい三段鳥取県
真野 愛弓四段香川県
諸岡 温子四段東京都
髙橋 萌子五段神奈川県
木村 歩由実五段兵庫県
加藤 由佳六段秋田県
村田 桃子四段福岡県
山室 愛子三段徳島県
尾﨑 麻美六段京都府
松本 弥月五段神奈川県
竹村 奈緒美六段岐阜県
大西 希望三段千葉県
岩本 瑚々四段長崎県
名越 友美五段広島県
藤﨑 薫子四段大阪府
小川 梨々香四段埼玉県
森山 加世五段島根県
松本 泉帆四段兵庫県
能地 琴音三段北海道
阿部 美洸五段東京都
髙木 夏海四段石川県
片山 果沙稀五段愛知県
糸山 亜美五段福岡県
柿元 冴月(優)三段茨城県
齋藤 眞紀子五段山形県
渡邊 タイ五段熊本県
井上 彩花五段三重県
有賀 眞紀五段山梨県
八木 優澄(優)四段滋賀県
和栗 宏恵五段東京都
立花 愛莉三段高知県
妹尾 舞香(1)四段福岡県
眞下 ゆず三段群馬県
田村 久美五段山口県
若松 千春五段福島県
末吉 杏梨四段鹿児島県
永井 杏奈三段千葉県
相原 清乃(優)四段奈良県
佐藤 詩央四段富山県

※()内は、昨年の成績

※昨年優秀選手賞は、(優)表記

トーナメントについては、以下の通りです。

参加人数
・東京都から4名
・埼玉・千葉・愛知・大阪から3名
・茨城・神奈川・兵庫・福岡から2名
・その他の県から各1名
・開催地の奈良県から1名
前年優勝者妹尾舞香選手の計64名で行います。

 

第1試合目は10時に開始し、決勝を同日15時から行う予定になっています。

参加者の中には、学生や教員、警察官、公務員など職種関係なく出場する予定です。

最年少は18歳の高校生、最年長42歳の教員と年齢も幅広いです。

剣道階級

剣道の最高段位は8段です。

  • 6~3級=主に小学生が対象
  • 2級=小学6年生以上
  • 1級=満13歳以上
  • 初段=中学2年生以上かつ、1級受有後3ヶ月以上
  • 2段=初段受有後1年以上
  • 3段=2段受有後2年以上
  • 4段=3段受有後3年以上
  • 5段=4段受有後4年以上
  • 6段=5段受有後5年以上
  • 7段=6段受有後6年以上
  • 8段=46歳以上かつ、7段受有後10年以上

見ての通り、強いから階級が上ということではなく年数によって、大きく分けられています。

もちろん、各階級に昇給するにも審査がありますので、月日とともに階級が上がるわけでもありません。

全日本女子剣道選手権大会には、主に5段~6段の選手が出場します。

8段の合格率は、1%未満と言われているくらいの狭き門なんです。

9・10段は2000年に廃止になりました。

称号とは?

末永真理選手が錬士の称号をお持ちですね。

称号とは、錬士・教士・範士のことです。

  • 錬士=5・6段受有者
  • 教士=7段受有者
  • 範士=8段受有者

6段でも、受有後1年以上を経過、地方代表の選考、団体長からの推薦など、厳しい審査があります。

何もない6段より6段錬士の方が階級が上ということになります。

順位/結果速報

※分かり次第更新します。(9月5日追記)

優勝 末永真理(和歌山県)6段・錬士

準優勝 妹尾舞香(福岡県)4段

3位 村田桃子(福岡県)4段・阿部美洸(東京都)5段

優秀選手賞

川合芳奈 静岡県、水川晴奈(岡山県)、尾崎麻美(京都府)、柿元冴月(茨城県)、笠日向子(茨城県)、岩本瑚々(長崎県)

選手のみなさん、お疲れ様でした。

全日本女子剣道選手権大会2022ライブ放送

全日本女子剣道選手権大会2022は、当日のライブ放送が行われることが分かりました。

全日本剣道連盟がYouTubeLiveで配信する予定です。

気になる方は、ぜひご視聴下さい。

まとめ

今回は、全日本女子剣道選手権大会の出場選手を紹介しました。

  • 2022年9月4日(日)に開催
  • 会場は、奈良県・ジェイテクトアリーナ奈良
  • 参加者は、職業年齢問わず64名
  • YouTubeLiveで生配信するの予定

順位・結果速報は分かり次第更新していきます。

昨年は、福岡県の妹尾舞香選手が優勝しています。

妹尾舞香選手の連覇か、新しい王者が誕生するのか、どちらにしても楽しみですね。

これからの選手たちの活躍を応援しましょう。

 

インコ3兄弟
インコ3兄弟

最後まで読んでくれてありがとなんだぜ!

剣道女子、!かっこいいな!オレたちも応援するんだぜ!

タイトルとURLをコピーしました