北京2022バイアスロン日本代表メンバー一覧!身長/出身高校などまとめ

スポーツ・オリパラ
北京

2021年夏、東京2020オリンピック・パラリンピックの興奮もまだ記憶に新しいところですが、

2022年2月4日(金)から2月20日(日)、冬季オリンピックが中国の北京にて開催されます。

コロナ禍での東京オリンピックは賛否両論ある中での開催でしたが、

この北京五輪2022も、

中国の人権侵害問題などを理由にアメリカなど数か国が外交的ボイコットを表明。

政府代表団の派遣をしないとするなどと発表され、波乱含みの幕開けとなりそうです。

それでも開催されるからには、

それを目指してひたむきに練習を積んできた各競技の選手の方たちを応援したい!

世界のトッププレイヤーたちの試合を見たい!という気持ちは、やっぱり持ちますよね!

そしてやっぱり、応援するからにはその選手の人となりを少しでも知っていた方が、

気持ちが入るというもの。

 

この記事では、

「2022北京五輪バイアスロン」日本代表メンバーの

  • 出身地・年齢・出身校・成績などプロフィール一覧
  • 最年少選手など注目選手は誰か?

などについてまとめていきます。

2022北京五輪バイアスロン日本代表一覧

男子

枋木司(こぼのきつかさ)

尾崎光輔(おざきこうすけ)

 

女子

立崎芙由子(たちざきふゆこ)

前田沙理(まえださり)

蜂須賀明香(はちすかあすか)

田中友理恵(たなかゆりえ)

以上、6名の選手が内定しています。

2022北京五輪バイアスロン日本代表の出身高校・成績など経歴まとめ

名前/生年月日(年齢)出身地身長出身校所属成績
男子
枋木司(こぼのきつかさ) 1991/12/5(30)青森県東北町173cm野辺地高校→自衛隊体育学校自衛隊東日本バイアスロン選手権15kmマススタート3位/第49回日本選手権大会/12.5kmパシュート1位/W杯男子20km9位
尾崎光輔(おざきこうすけ) 1992/10/7/(29)山形県尾花沢市172㎝山形県立北村山
高校→自衛隊体育学校
自衛隊2011年全国高校スキー大会10kmクラシカル優勝/Wカップ20位以内
女子
立崎芙由子(たちざきふゆこ) 1992/10/7/(29)山形県 172㎝山形県立北村山
高校→自衛隊体育学校
自衛隊2018W杯オスロ大会10キロ追い抜き4位/2018ヨーロッパ選手権でスプリント3位
前田沙理(まえださり)1990/05/25(31)北海道倶知安町倶知安高等学校→早稲田大学→自衛隊体育学校自衛隊平昌2018オリンピック冬季競技大会バイアスロン日本代表
蜂須賀明香(はちすがあすか) 1992/09/26(29)北海道159cmおといねっぷ美術工芸高校→東海大学→自衛隊体育学校自衛隊2014全日本インカレクロスカントリー10kmクラシカル準優勝/2017年アジア冬季競技大会バイアスロン混合リレー6位/2018平昌女子15km81位
田中友理恵(たなかゆりえ) 1989/01/06(33) 新潟県魚沼市 159㎝新潟県立小出高校→日本大学→自衛隊体育学校自衛隊2017冬季アジア大会バイアスロン女子10km6位/男女混合リレー3位/2018平昌五輪

 

枋木司(こぼのきつかさ)

枋木司(こぼのきつかさ) 選手は1991年12月5日青森県東北町生まれの30歳。

東北町立東北中学校→青森県立野辺地高校を卒業し、自衛隊体育学校に所属、3等陸曹です。

身長は173㎝、体重71㎏、性格は負けず嫌い。

野辺地高校時代は、家から約15キロの上り下りの道を冬以外は走って登下校し、

スキー部の練習中足がつっても滑り続け、手首を骨折した時期は片方の手でストック握り練習を続けました。

2014年に初のワールドカップ初出場を果たし、

昨年2021年11月のW杯では20キロで9位と日本選手トップの成績を収め、北京五輪への弾みをつけました。

 

尾崎光輔(おざきこうすけ)

尾崎光輔(おざきこうすけ)選手は1992年10月7日山形県尾花沢市出身の29歳です。

尾花沢市立玉野中→山形県立北村山高校卒業、自衛隊体育学校に所属、3等陸曹です。

身長172cm、体重66kg。

小中高校時代は距離の選手として活躍しており2011年全国高校スキー大会では10kmクラシカルで優勝しましたが、

自衛隊入隊後冬季五輪を意識し、バイアスロンに転向。

2016年に海外派遣メンバーとなり、2017年の冬季アジア大会では15kmで銅メダルを獲得しています。

 

立崎芙由子(たちざきふゆこ)

立崎芙由子(たちざきふゆこ)選手は、1989年1月13日秋田県北秋田市出身の33歳です。

合川町立合川中学校→秋田県立米内沢高校を卒業し自衛隊体育学校に所属、2等陸尉です。

身長162cm、体重53kg。

旧姓は鈴木で、2015年に結婚した夫はやはりバイアスロン選手の立崎幹人さん。

2010年にバンクーバー五輪、2014年にソチ五輪に出場。

2018年平昌五輪は夫の立崎選手とともに出場し、同年1月の欧州選手権では3位、

国際大会日本勢初のメダルを獲得しています。

 

前田沙理(まえださり)

前田沙理選手は1990年5月25日北海道倶知安町出身の31歳です。

倶知安町立北陽小学校→(旧)倶知安町立倶知安中学校→倶知安高等学校→早稲田大学を卒業し、

自衛隊体育学校所属2等陸曹です。

身長166㎝、体重55㎏。旧姓古谷、夫の亮さんもバイアスロン選手でした。

兄の影響でスキーをはじめ、その後はクロスカントリースキーでフィンランドに競技留学や

早稲田大学在学時にはインカレ優勝と実績を積みましたが、自衛隊入隊後バイアスロンに転向。

2018年の平昌五輪に出場するも、7.5kmスプリントで49位、15kmでは85位と悔しい結果に終わりました。

しかしその後、選手生活にピリオドを打ってコーチ、ワックススタッフとなった夫亮さんと、二人三脚、

2021年6月からは2人で海外遠征を組むなどし、北京では雪辱を果たします。

 

蜂須賀明香(はちすかあすか)

蜂須賀明香(はちすかあすか)選手は、1992年9月26日北海道天塩郡天塩町出身の29歳です。

天塩町立天塩中学校→おといねっぷ美術工芸高校→東海大学を卒業し、

自衛隊体育学校所属 2等陸曹です。

身長159cm、体重51kg。

  • 2014全日本インカレクロスカントリー10kmクラシカル準優勝
  • 2017年アジア冬季競技大会バイアスロン混合リレー6位
  • 2018平昌女子15km81位

 

田中友理恵(たなかゆりえ)

田中友理恵(たなかゆりえ)選手は、1989年1月6日新潟県南魚沼市出身の33歳です。

塩沢町立塩沢中学校→新潟県立小出高校→日本大学を卒業し、2011年陸上自衛隊冬季戦技教育隊に入隊

自衛隊体育学校に所属、2等陸曹です。

身長159cm、体重51kg。

  • 2017冬季アジア大会バイアスロン女子10km6位/男女混合リレー3位
  • 2018平昌五輪

北京2022テレビ放送・ネットライブ&見逃し配信視聴方法

NHKと民放各局で、生中継・VTR放送が予定されています。

また東京2020オリンピック同様、NHKで放送のない競技などが500時間程度「gorin.jp」にて

生配信される予定です。

また、NHKで放送される番組は「NHKプラス」にて同時配信、

その他オリンピック放送機構(OBS)が提供する生中継映像の中で、民放が放送する一部を除いた

全競技・種目を「特設サイト」でライブ配信するほか、見逃し配信も実施されます。

※特設サイトは1月下旬公開予定

 

2022北京オリンピックバイアスロンの日程は?テレビ放送/ネット配信情報も
2021年夏、東京2020オリンピック・パラリンピックの興奮もまだ記憶に新しいところですが、 2022年2月4日(金)から2月20日(日)、冬季オリンピックが中国の北京にて開催されます。 コロナ禍での東京オリンピックは賛否両論あ...

まとめ

ここまで、

2022年2月4日(金)から2月20日(日)、中国の北京にて開催される冬季オリンピック

「バイアスロン」日本代表メンバーの

  • 出身地・年齢・出身校・成績などプロフィール一覧
  • 最年少選手など注目選手は誰か?

などについてまとめてきました。

 

選手たちの出身地や出身校が同じだったりその人となりが分かると、親近感がわいたり応援にも身が入りますよね!

選手たちにとってはひたむきに練習に取り組んできた成果を出すまたとない舞台、

悔いなく戦ってもらえるように、精一杯応援したいです!

 

 

インコ3兄弟
インコ3兄弟

最後まで読んでくれて、ありがとなんだだぜ!

せっかくの晴れの舞台だから、みんなに頑張ってほしいんだぜ!

タイトルとURLをコピーしました