wbcアメリカ代表メンバー一覧!投手/スタメン予想/監督/コーチについても

スポーツ・オリパラ
スポーツ

野球の世界一を決める大会、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)が

2023年3月8日(水)から2023年3月21日(火)に開催されます。

いつもこのサイトをご覧になっていただいている、

スポーツが好きな皆様も気になる大会の1つではないでしょうか?

インターネット掲示板のなんJでも、すでに優勝国予想や各国の招集メンバー予想で盛り上がっています。

そして我らがWBC日本代表(通称:侍ジャパン)も招集メンバーの30名が内定し、

大会に向けて準備が進んできています。

今回は侍ジャパンが優勝するために避けては通れない相手、

前回大会優勝国、アメリカ代表の情報をみなさんにお届けしたいと思います。

 

今回の記事は、

・WBCアメリカ代表2023のメンバー一覧

・WBCアメリカ代表2023のスタメン予想

・WBCアメリカ代表2023の監督やコーチについて

以上の情報を展開いたします!!

 

WBCアメリカ代表2023メンバー一覧

WBCアメリカ代表も日本と同じく、すでに30名の内定メンバーを発表しております。

メンバーを見ると、びっくりするほどの一流メジャーリーガーばかりで、

今回アメリカ代表がWBCに力を入れていることがよくわかります。

今までのアメリカ代表のイメージは、

スター選手を招集せず(正しくは契約の問題もあり招集できない)、

メジャーリーグでそこそこ活躍している選手ばかりを招集し、WBCに本腰を入れていない印象でした。

選手名マイク・トラウト
所属チームロサンゼルス・エンゼルス
ポジション外野手
投打右投右打
身長・体重188cm・107kg
生年月日1991年8月7日(31歳)

しかし、今大会は世界No. 1スラッガーのマイク・トラウト(ロサンゼルス・エンゼルス)が選手たちに呼びかけをしたことで、

これだけのスター選手が集まったとされています。

メジャーリーグで活躍する一流プレイヤーたちも、

超一流のトラウト兄やんにスカウトされたら絶対断れないですね(笑)

投手

背番号氏名所属球団備考
メリル・ケリーアリゾナ・ダイヤモンドバックス
ディロン・テイトボルチモア・オリオールズ
デビッド・ベッドナーピッツバーグ・パイレーツ
デビン・ウィリアムズミルウォーキー・ブルワーズ
ライアン・プレスリーヒューストン・アストロズ
アダム・ウェインライトセントルイス・カージナルス
ネストル・コルテスニューヨーク・ヤンキース
ローガン・ウェブサンフランシスコ・ジャイアンツ
ブレイディ・シンガーカンザスシティ・ロイヤルズ
カイル・フリーランドコロラド・ロッキーズ
マイルズ・マイコラスセントルイス・カージナルス
ニック・マルティネスサンディエゴ・パドレス
ダニエル・バードコロラド・ロッキーズ
ネイサン・イオバルディボストン・レッドソックス
ランス・リンシカゴ・ホワイトソックス
アダム・オッタビーノニューヨーク・メッツ
クレイトン・カーショーロサンゼルス・ドジャース

捕手

背番号氏名所属球団備考
JT・リアルミュートフィラデルフィア・フィリーズ
ウィル・スミスロサンゼルス・ドジャース

内野手

背番号氏名所属球団備考
ピート・アロンソニューヨーク・メッツ
ポール・ゴールドシュミットセントルイス・カージナルス
トレイ・ターナーロサンゼルス・ドジャース
ティム・アンダーソンシカゴ・ホワイトソックス
ボビー・ウィットJr.カンザスシティ・ロイヤルズ
ノーラン・アレナドセントルイス・カージナルス

外野手

背番号氏名所属球団備考
マイク・トラウトロサンゼルス・エンゼルス
ムーキー・ベッツロサンゼルス・ドジャース
セドリック・マリンズボルチモア・オリオールズ
カイル・タッカーヒューストン・アストロズ
カイル・シュワーバーフィラデルフィア・フィリーズ

WBCアメリカ代表2023のスタメン予想

WBCアメリカ代表のスタメン予想は以下の通りです。

打順選手名守備位置
1ムーキー・ベッツ右翼手
2ポール・ゴールドシュミット一塁手
3マイク・トラウト左翼手
4ノーラン・アレナド三塁手
5ピート・アロンソDH
6セドリック・マリンズ中堅手
7JT・リアルミュート捕手
8ティム・アンダーソン遊撃手
9トレバー・ストーリー二塁手

WBCアメリカ代表は大谷翔平のライバルであり、

世界No.1の5ツールプレイヤーであるアーロン・ジャッジが未だに出場表明をしておりません。

アーロン・ジャッジは2017年・2022年にホームラン王を獲得したスラッガーで、

2022年は大谷翔平を抑えてア・リーグMVPも獲得、

打撃だけではなく、守備でも自慢の強肩で味方投手を助けるプレーヤーです。

万が一、アーロン・ジャッジがWBCを不参加の場合は、

かなりの戦力ダウンとなることは間違いありません。

これから1月末のメンバー決定まで、アーロン・ジャッジの動向に注目しましょう。

WBCアメリカ代表2023の監督やコーチについて

WBCアメリカ代表の監督・コーチは、昨年の8月24日には決定しておりました。

メンバーは以下の通りです。

監督マーク・デローサ
ベンチコーチジェリー・マニエル
投手コーチアンディ・ペティット
打撃コーチケン・グリフィーJr.
一塁コーチルー・コリアー
三塁コーチディノ・ベル
ブルペンコーチデーブ・リゲッティ

監督のマーク・デローサは過去には日本でお馴染みの川崎宗則(愛称:ムネリン)もお世話になった人物で、

選手の優れたモチベーターとして評価が高いです。

投手コーチは通算256勝の左腕アンディ・ペティット氏、

打撃コーチは通算630本塁打のケン・グリフィーJr.氏がそれぞれ務めます。

またベンチコーチのジェリー・マニエル氏はシカゴ・ホワイトソックスとニューヨーク・メッツでの監督経験があり、

ブルペンコーチのデーブ・リゲッティ氏は現役時代に通算252セーブを記録した守護神でした。

選手もそうですが、コーチ陣もオールスターメンバーですね。

よく、『名選手に名コーチなし』という話もありますが、

選手たちも世界トップクラスの実力を持っており、

何も教えることがないので、まぁ…大丈夫ですね(笑)

まとめ

・WBCアメリカ代表はすでに30名の内定メンバーを発表している。マイク・トラウトが選手たちに呼びかけをしたことで、大勢のスター選手が集まった。

・WBCアメリカ代表スタメンはマイク・トラウトを軸にどこからでも得点が出来る、穴のない打線になっている。ここにアーロン・ジャッジが加われば、鬼に金棒。

・WBCアメリカ代表コーチングスタッフは監督のマーク・デローサを軸に選手と同様、オールスターメンバーである。

以上が今回のまとめです。

 

2017年にWBC優勝を達成したアメリカ代表。

今回の2023年大会では連覇を達成すべく、選手・スタッフも過去最高クラスのメンバーが揃っています。

過去にWBC連覇を達成したのは日本のみで、

昨年の東京オリンピックでも日本代表に敗れ優勝を逃したアメリカ代表。

ベースボール発祥国のプライドを賭け、数々の強豪国と対戦します。

皆さんもWBCアメリカ代表を応援しましょう!!

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

 

 

インコ3兄弟
インコ3兄弟

最後まで読んでくれてありがとなんだぜ!

タイトルとURLをコピーしました