2020年高校野球交流戦の試合中継はどこで放送?日程や出場校・組み合わせもまとめ

広告

2020年3月に開催予定だった「第92回選抜高等学校野球大会」が、新型コロナウイルスの流行により中止になり、

5月20日に今度は「第102回全国高等学校野球選手権大会」までもが、同じく新型コロナウイルスの影響により中止となってしまいましたが、

その後全国の緊急事態宣言が解除されたこともあり、選手たちやその家族、全国の高校野球ファンの熱い思いがくみ取られ、

その救済措置として選抜大会出場校による交流試合が甲子園球場で開催されることとなりましたね。

 

こんにちは。『curiousNOSTALGHIA』管理人の、のす太です。

ページをご覧いただきありがとうございます!

インコ3兄弟
インコ3兄弟

「curiousNOSTALGHIA」のご意見番、インコ三兄弟なんだぜ!

甲子園での晴れの舞台を目指して頑張ってきた選手たちは、本当によかったよな。

夏といえばやっぱり甲子園!と観る方でも、高校生球児たちによる熱いドラマを毎年楽しみにされている方も多いと思います。

 

そこで今回は、「2020年全国高等学校野球選手権大会」の代替試合でもある、選抜大会出場校による交流試合について、

テレビなど中継はどこで放送されるのか?また日程や出場校・組み合わせもまとめていきます。

2020年高校野球交流戦の試合中継はどこでやる?

高校野球交流試合は原則無観客ということですので、一般のファンはどこで観戦するのか?といえば

やっぱりテレビやネットなどでの中継ということになりますよね。

調べてみると、中継するのは、

【地上波放送】では、NHK総合とEテレで全試合生中継、ABCテレビ(関西地上波)で全試合生中継。

【BS放送】では、BS朝日が全試合生中継します。

【インターネット】では、バーチャル高校野球(SPORTS BULL)で全試合をライブ配信、センバツLIVE!でも全試合をライブ配信するとのこと。

 

また、スカパー!・スカイAではこの交流試合が録画放送されます。

 

2020年高校野球交流戦の試合日程や出場校・組み合わせまとめ

日程/組み合わせ

・第1日:8月10日(月)(NHKほか生中継:午前8:15~)スカパー!・スカイA放送時刻08/10(月) 20:15~00:45)
第1試合 大分商(大分) - 花咲徳栄(埼玉)
第2試合 明徳義塾(高知) - 鳥取城北(鳥取)

・第2日:8月11日(火)(NHKほか生中継:午前8:15~/9:05~)(スカパー!・スカイA放送時刻08/11(火)20:15~03:00)
第1試合 天理(奈良) - 広島新庄(広島)
第2試合 創成館(長崎) - 平田(島根)
第3試合 明豊(大分) - 県岐阜商(岐阜)

・第3日:8月12日(水)(スカパー!・スカイA放送時刻08/12(水)22:00~02:30)
第1試合 智辯学園(奈良) - 中京大中京(愛知)
第2試合 鹿児島城西(鹿児島) - 加藤学園(静岡)

・8月13、14日は予備日

・第4日:8月15日(土)(スカパー!・スカイA放送時刻:08/15(土)20:15~03:00)
第1試合 履正社(大阪) - 星稜(石川)
第2試合 磐城(福島) - 国士舘(東京)
第3試合 仙台育英(宮城) - 倉敷商(岡山)

・第5日:8月16日(日)(スカパー!・スカイA放送時刻:08/16(日)20:15~03:00)
第1試合 明石商(兵庫) - 桐生第一(群馬)
第2試合 帯広農(北海道) - 健大高崎(群馬)
第3試合 鶴岡東(山形) - 日本航空石川(石川)

・第6日:8月17日(月)(スカパー!・スカイA放送時刻:08/17(月)20:15~03:00)
第1試合 大阪桐蔭(大阪) - 東海大相模(神奈川)
第2試合 智辯和歌山(和歌山) - 尽誠学園(香川)
第3試合 白樺学園(北海道) - 山梨学院(山梨)

・8月18、19日は予備日

 



スカパーは加入月は視聴料が0円!

110度CS対応のテレビまたはレコーダーと、

110度CS対応のBSアンテナをお持ちか光回線を使ったテレビサービスに加入なら、

お好きなチャンネルを1つから、

お申し込み手続きから約30分で見られます!詳細は画像をクリック!

出場校

大分商業高校(大分)

2019年夏の大会では、決勝で藤蔭に敗れて準優勝。

ソフトバンク内野手の川瀬晃を兄に持つ、選抜屈指の好投手、エース川瀬堅斗に注目!

 

花咲徳栄高校(埼玉)

関東大会では、準々決勝で準優勝した山梨学院に1-2で敗れたものの、打撃力・防御率・守りともにトップレベルの総合力を持つチーム。

高校通算47本を誇る俊足のスラッガー、主将の井上朋也に注目。

 

明徳義塾高校(高知)

50m5.7秒と驚異的な俊足の持ち主、奥野翔琉は、秋の公式戦では7盗塁を記録。

馬淵監督は「プロも視野に入ってきたのでは」と評しています。

 

鳥取城北高校(鳥取)

投手陣が豊富で、ストレートと変化球ともにキレのあるボールを投げ込み、中国大会で3試合に登板した阪上陸や、

本格右腕の中川央(最速145キロ)、秋背番号1の松村亮汰は秋季中国大会の2週間前に疲労骨折したものの最速145キロのストレートが持ち味の本格派が揃っています。

 

天理高校(奈良)

秋の奈良大会では3位ながら、近畿大会では優勝。明治神宮大会では4強入りの名門校。

1番下林源太主将はじめ、明治神宮大会では2ランを打つなど大活躍の瀬千皓など注目選手も豊富。

 

広島新庄高校(広島)

秋の中国大会では、準決勝で優勝した倉敷商業と接戦を繰り広げ、延長11回で敗れましたが、打撃力、機動力ともに出場チーム中でも上位成績を残すなど、総合力が高いチーム。

身長167センチと小柄ながら中国大会では3試合を完投、U15日本代表に選ばれた逸材であるエース秋山恭平に注目。

 

創成館高校(長崎)

2018年は春・夏甲子園連続出場を果たし、次こそは全国制覇を狙って「苦戦しても敗戦しない!」をチームスローガンに、仲間と切磋琢磨しているチーム。

小柄ながら遠くへ飛ばす力を持つ強打者、4番松永知大に注目。

 

平田高校(島根)

「全員野球」をモットーとして、チーム一丸となって試合ができるよう練習、常に一人ひとりが目標に向かって考えながら厳しい練習に取り組む、

大黒柱、エース古川雅也(右腕)に注目の、守り勝つ野球が持ち味のチーム。

 

明豊高校(大分)

秋の大分大会で初戦は最大7点差から逆転など、粘り強い野球が持ち味のチーム。

昨年センバツ4強の立役者の一人でもある、若杉晟汰(左腕)最速141キロの持ち主に注目!

 

県岐阜商業高校(岐阜)

7月19日教員や生徒に新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したことを受け、19日に開幕した高校野球の県独自大会への出場は辞退。

硬式野球部員の感染は確認されていないものの、交流試合への参加も競技中とのこと。

 

智辯学園(奈良)

秋の奈良大会は5試合で計59安打55得点、4試合がコールド勝ちで優勝など、圧倒的な打力を誇るチーム。

夏の甲子園でも活躍した津田学園の前川夏輝を兄に持ち、秋の大会ではチーム最多の6本塁打などでチーム三冠王となった前川右京に注目。

 

中京大中京高校(愛知)

注目のダブルエース、最速153キロ右腕の高橋宏斗と最速147キロ左腕、松島元希を有し、秋の公式戦では「19試合無敗」で明治神宮大会優勝。

センバツ優勝候補筆頭チーム。

 

鹿児島城西高校(鹿児島)

最速146キロを誇るエース八方悠介と、最速143キロを誇る前野将輝のダブルエースで、出場校中2位の防御率を誇る、今年初めて選抜大会に選出された32校に名を連ねたチーム。

プロ野球のダイエーや西武でも活躍の佐々木誠監督にも注目。

 

加藤学園高校(静岡)

入試面接で「ぼくの代で甲子園に行きます」と面接官だった米山監督に宣言、有言実行のキャプテンが率いるチーム。

最速139キロながら高い制球力を誇るエースの肥沼竣(右腕)に注目。

 

履正社高校(大阪)

夏の甲子園で全国制覇を果たした強豪校で、元阪神の関本賢太郎氏を父に持つ、関本勇輔が主将のチーム。

全国制覇のマウンドを経験した岩崎竣典など、投手陣にも注目。

 

星稜高校(石川)

昨年夏の甲子園で準優勝、秋の石川大会では優勝、北信越大会の決勝では22安打19得点の猛攻で圧勝を果たした強豪。

甲子園経験豊富な荻原吟哉、寺西成騎のダブルエースにも注目。

 

磐城高校(福島)

昨年は、台風19号でいわき市が浸水被害に遭うなか、秋季東北大会で2勝をあげ8強入りし、今年のセンバツ高校野球で21世紀枠に選出され、念願の出場となったチーム。

最速142キロ、6種類の変化球を持つエース沖政宗に注目。

 

国士舘高校(東京)

91年、93年は4強、96年は8強と、センバツの舞台で力を見せてきた高校で、東京大会で3完封したエース中西健登がチームの大黒柱となるチーム。

また、小柄ながら4番を任されるボンズ打法・黒澤孟朗にも注目。

 

仙台育英高校(宮城)

注目の実質エース向坂優太郎や、笹倉世凪(せな)、伊藤樹(たつき)など最速140キロ以上を誇る投手が7人も存在、

センバツ屈指の豊富な投手陣を有する強豪チーム。

 

倉敷商業高校(岡山)

甲子園には春3回、夏10回出場、平成元年と平成24年に甲子園ベスト8の成績を残し、OBには楽天イーグルス星野仙一元監督など多くのプロ野球選手を輩出する名門校。

投手を兼ねる二刀流で背番号5の福家悠太に注目。

 

明石商業高校(兵庫)

2019年の春夏甲子園4強の立役者であり、2020年の高校野球界で最も熱い視線が注がれる「中森俊介・来田涼斗コンビ」を有する強豪校。

最速151キロ・制球力も抜群でプロ入りが目標の中森俊介と、

昨年春の智辯和歌山戦で、先頭打者弾とサヨナラ弾を放つなど、大舞台でスター性を発揮するチーム主将、来田涼斗に注目。

 

桐生第一高校(群馬)

昨年秋の群馬大会では6試合中4試合でコールド勝ちで13年ぶりの優勝。攻撃バリエーションが豊富なチーム。

最速131キロの直球と変化球、抜群の制球力が持ち味で、秋季関東大会では2試合を完投の、エース宮下宝(たから)に注目。

 

帯広農業高校(北海道)

2020年のセンバツ高校野球の21世紀枠3校に選出された高校。

打率は出場校中4位、強打が持ち味の水上流暢にも注目。

 

健大高崎高校(群馬)

群馬3位から関東大会優勝、明治神宮大会で準優勝と「下剋上」旋風を起こした総合力の高いチーム。

センバツ躍動でドラフト注目投手となる可能性を秘める絶対的エース、182センチの長身左腕の下慎之介に注目。

 

鶴岡東高校(山形)

東北大会の決勝では仙台育英に逆転負けし準優勝だったものの、2019年の山形県内の公式戦無双「山形で無敵の強さ」を誇るチーム。

夏の甲子園出場チームから唯一のレギュラー出場を果たす山路将太郎に注目。

 

日本航空石川高校(石川)

ほぼ全寮制のマンモス校だけに、様々なリーグから選手がメンバー入りしている幅広い選手層のチーム。

その巨体から球威のある球が持ち味、身長190センチのエース嘉手苅浩太(かてかる)に注目。

 

大阪桐蔭高校(大阪)

甲子園出場20回、優勝8回(選手権5回・選抜3回)を誇る名門校だが、現メンバーで甲子園でのプレー経験はまだないチーム。

長崎・諫早ボーイズ時代には日本代表も経験、最速141キロ左腕のエース藤江星河に注目。

 

東海大相模高校(神奈川)

昨年秋の公式戦の出場32チームでも総合力の高さに抜きん出ているチーム。

センバツ屈指の攻撃力を持ち「4人で本塁打150本超え」の強打スラッガー陣(鵜沼・加藤・山村・西川)にも注目。

 

智辯和歌山高校(和歌山)

17年夏、18年春夏、19年春夏に続き6季連続の出場を果たす少数精鋭の強豪チーム。

抜群の野球センスを持つ主将の細川凌平や、甲子園マウンド経験が豊富で最速148キロを誇るエースの小林樹斗にも注目。

 

尽誠学園高校(香川)

守りは「打たせて取る」を基本とし、公式戦でも安定した守備が持ち味の経験豊富で力のあるチーム。

安定感のあるエースの村上侑希斗や、叔父に元オリックスや巨人で活躍した谷佳知を持つ福島武颯士(むさし)に注目。

 

白樺学園高校(北海道)

明治神宮大会4強の強豪校。

縦横2種類のスライダーやチェンジアップ、カーブ、カットボールなど多彩な球種を持ち、最速は148キロを誇るエース右腕の片山楽生(らいく)に注目。

 

山梨学院高校(山梨)

昨年秋の大会は山梨で優勝、関東大会では準優勝と力を持ったチーム。

1年生から正捕手につく栗田勇雅や、身長180センチ、遠投110mの強肩、元U15日本代表経験もあるで大型ショートの小吹悠人、50m5.9秒の俊足を持つセンター渡辺嵩馬にも注目。

2020年高校野球交流戦まとめ

ここまで、新型コロナウイルスの影響により中止となってしまった「第92回選抜高等学校野球大会」「第102回全国高等学校野球選手権大会」の

代替大会として甲子園球場に開催されることとなった、「選抜大会出場校による交流試合」について、

テレビなど中継はどこで放送されるのか?また日程や出場校・組み合わせもまとめてきました。

テレビ中継は地上波ではNHK総合やEテレなど、BS放送ではBS朝日にて全試合が生中継され、

インターネットではSPORTS BULLのバーチャル高校野球と、センバツLIVE!でも全試合をライブ配信するとのこと。

日程は8月10日から17日まで、選抜出場校同士の見逃せない組み合わせばかりですので、

今年のお盆休みは、新型コロナウイルスの影響で旅行や帰省を見送るという方も多いかと思いますが、

お家でゆっくり高校野球観戦されるのもいいかもしれないですね。

インコ3兄弟
インコ3兄弟

最後まで読んでくれて、ありがとなんだぜ!

高校球児たちの熱い戦いを、オレたちも楽しみにしているんだぜ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました